低気圧が発達しながら日本海を進み、低気圧から伸びる前線が今夜以降、九州を通過する見込みです。暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になっています。

九州では、あすにかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。土砂災害などに警戒が必要です。

警報級の大雨 強風・高波にも注意

九州付近の雨雲予想(提供:ウェザーマップ)
九州付近の雨雲予想(提供:ウェザーマップ)

九州では断続的に雨が降り、南部ではすでに100ミリを超える雨を観測しています。さらに、あす4日(金)の夕方にかけて最大で200~250ミリの雨が降る見通しです。

場所によっては警報級の大雨となる恐れがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒が必要です。崖や川など危ない場所には近づかないようにしてください。田んぼや農業用用水路を見に行くことも大変危険です。

また、沿岸部では雨に加え、強風や高波にも注意をしてください。横殴りの雨で荒れた天気となるでしょう。体感的にも肌寒くなりそうです。

週末は天気回復 しばらく梅雨の中休み

九州各県の週間予報(提供:ウェザーマップ)
九州各県の週間予報(提供:ウェザーマップ)

週末には前線が南へ下がり、天気が回復に向かいます。九州南部では5日(土)まで雨の残る所がありますが、北部は晴れる所が多いでしょう。来週にかけてしばらく梅雨の中休みとなりそうです。

梅雨の晴れ間は、強い日差しや急な暑さをもたらします。あすは雨風の影響で肌寒いですが、来週は30度以上の真夏日となる予想です。身体がまだ暑さに慣れていない時期ですから、いつも以上に熱中症に注意をしてください。

なお、きょう発表された1か月予報では、今月中旬ごろから再び曇りや雨の日が増えてくる見通しです。この先、梅雨末期の大雨シーズンも控えていますので、晴天傾向が続く間に、改めて雨への備えをしておきましょう。