最新の桜開花予想 全国トップは福岡で3月14日

2021年のさくら開花前線 (出典:ウェザーマップ)

今年の桜は、全国的に平年よりかなり早い開花となりそうです。最も早い開花は福岡で3月14日、続いて長崎で3月15日など、九州北部から開花前線がスタートするでしょう。

また、東京の開花は平年より9日早い3月17日で、3月下旬には満開を迎える見通しです。あと2~3週間で続々と開花の便りが届いてくるでしょう。

桜の開花準備 順調に進む

桜が咲くまで (イラスト:森本ユリカ)
桜が咲くまで (イラスト:森本ユリカ)

今年の桜が早く咲く理由は、桜が開花する仕組みにあります。桜は夏、気温が高い時期に翌年咲く花芽を形成し、気温が下がる秋になると休眠に入ります。眠ってしまった桜を目覚めさせるのは冬の寒さです。一定期間寒さに晒され休眠から覚めることを「休眠打破」と言い、これをきっかけに桜が活動を再開します。その後は暖かくなるにつれ、つぼみが成長し開花に至るのです。

この冬は、初冬にあたる11月の気温がかなり高くなったものの、その後は度々強い寒気が流れ込み、厳しい寒さとなりました。この寒さで桜の休眠打破は順調に進んだと見られています。一方で、1月下旬以降は気温が上がり、2月の平均気温は東・西日本で平年+2.4度とかなりの高温になりました。3月以降も全国的な高温傾向が続く見通しで、つぼみは開花に向けて順調に膨らんでいきそうです。

開花から満開までの予想は?

各地の開花・満開予想日 (出典:ウェザーマップ)
各地の開花・満開予想日 (出典:ウェザーマップ)

各地の桜開花予想日を見ると、西日本や東日本は3月中旬~下旬に開花する所がほとんどで、特に九州北部や関東南部で早くなる見通しです。その後、東北は4月中旬にかけて、北海道は4月下旬~5月頃に開花となるでしょう。

満開までは、九州から関東で1週間から10日前後かかる見通しで、3月中に見頃を迎える所が多そうです。北陸や東北、北海道は、開花から5日前後で満開を迎えるでしょう。

※開花・満開の定義

開花:標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態

満開:標本木で80%以上のつぼみが開いた状態

それぞれの状態となる最初の日を開花日、満開日として予想します。