九州には、あす6日(水)から寒気が流れ込み、7日(木)~9日(土)にかけて荒天となるおそれがあります。大雪や暴風雪、そして厳しい寒さに警戒が必要です。

年末より更に強い寒波 広範囲に影響か

7日(木)上空1500m付近の寒気 (提供:ウェザーマップ)
7日(木)上空1500m付近の寒気 (提供:ウェザーマップ)

 あす6日(水)以降は冬型の気圧配置に変わり、7日(木)には急発達する低気圧が強い寒気を引き込む予想です。九州北部の上空1500m付近は-12度以下の寒気に覆われ、福岡の上空は-14度以下と、数年に1度レベルの非常に強い寒気が予想されています。

 福岡などに暴風雪警報が発表された年末以上の寒波となり、より広範囲で影響を受けるおそれがあります。山沿いを中心に、市街地でも積雪や路面凍結に注意・警戒が必要です。

大雪・暴風雪に警戒

雪と風の予想 上段7日、下段8日 (提供:ウェザーマップ)
雪と風の予想 上段7日、下段8日 (提供:ウェザーマップ)

 雪の降り始めは6日(水)の夜遅くからで、9日(土)頃にかけて断続的に降り続く見通しです。予想降雪量は、九州北部で7日(木)正午までに5~10センチ、さらに8日(金)正午までに10~20センチです。また、九州北部だけでなく南部にも雪雲が流れ込み、鹿児島県本土でも積雪のおそれがあります。

 さらに、雪を伴って風が強まるため、暴風雪にも警戒が必要です。7日(木)の予想最大瞬間風速は、九州北部で25~35メートルとなっています。暴風雪による視程障害や積雪・路面凍結、そして低温による水道管の凍結などに十分注意をしてください。

交通機関への影響も 備えと時間に余裕を

交通機関への影響に注意 (写真:アフロ)
交通機関への影響に注意 (写真:アフロ)

 7日(木)~9日(土)頃は、各交通機関への影響にも注意が必要です。年末の寒波では、暴風や雪、高波などの影響で、JR各線で運転見合わせが相次いだほか、九州各地を発着する空港や港で、飛行機や旅客船の欠航が出ました。また、高速道路も除雪作業による通行止めや、冬用タイヤ規制など影響が出ました。

 今回の雪でも、各交通機関に影響が出るおそれがあります。最新の気象情報・交通情報を確認するとともに、時間に余裕を持った行動をお願いします。

 また、慣れない雪道の運転は、スリップ事故のリスクが高まるため、十分注意が必要です。無理な運転は控え、もし雪道を運転する際には、必ず冬用タイヤやタイヤチェーンを用意するようにしてください。