台風14号 金~土曜に九州接近か 影響長引くおそれ

7日(水)15時の衛星画像 台風14号 (提供:ウェザーマップ)

台風14号 強い勢力で北上中

 台風14号は、強い勢力に発達して北上を続けています。8日(木)明け方に沖縄の大東島地方に最も接近し、9日(金)以降は九州南部に接近するおそれがあります。台風の動きが遅く、影響が長引くおそれがあり、警戒が必要です。

台風の動き遅い 進路予想には大きな幅も

台風14号の予想進路 (提供:ウェザーマップ)
台風14号の予想進路 (提供:ウェザーマップ)

 

 台風は上空を吹く風に流されて進んでいきます。地球の自転の影響で自身でも北へ進む力がありますが、それは主要なものではありません。

 秋の台風は、太平洋高気圧の縁を吹く風に乗って進んだ後、上空の偏西風に流されて速度を上げるのが一般的です。例年この時期では、偏西風は本州付近を流れていて、その風に流されるようにスピードを上げていきます。

 ただ、今回は偏西風が北日本付近を流れているため、台風を動かす風が弱い状況です。九州付近での速度は時速10km未満、四国沖では時速15kmと自転車並みの速度で進む見通しで、その後も進路の予測が難しく、誤差が大きい状態です。この影響で、予報円もかなり大きくなっており、11 日(日)~12日(月)の予報円の直径は1000km前後となっています。

九州では暴風・高波に警戒を

8日~9日の雨風の予想 動き遅く影響長引くおそれ (提供:ウェザーマップ)
8日~9日の雨風の予想 動き遅く影響長引くおそれ (提供:ウェザーマップ)

 台風は進路を東寄りに変える時に動きが遅くなります。今回はいつ進路を東に変えるかが重要となりそうです。接近の時間帯や影響は、この転向のタイミングで変わる可能性があり、今後も最新の情報を確認する必要があります。

 現時点の予測では、8日(木)~9日(金)にかけて奄美の東海上を進んだ後、九州南部に接近する見通しです。台風が予報円の中心付近を進んだ場合、九州南部・奄美地方は、あす8日(木)にも風速15m/s以上の強風域に入るでしょう。8日(木)~9日(金)にかけては、海上を中心に非常に強い風の吹くおそれがあります。

 また、九州北部でも風が強まります。北部の海上では、あす8日(木)昼過ぎから非常に強い風が吹き、陸上でも最大風速15m/sが予想されています。

 さらに、九州南部・北部ともにうねりを伴った高波にも警戒が必要です。九州南部では8日(木)~9日(金)にかけて10m以上の高波が予想され、北部もうねりを伴い6mとしけるでしょう。今後も最新の情報に留意し、影響などを確認するようにしてください。