「天皇は象徴?元首?」憲法記念日にTBSが問いかけたこと

5月3日のTBS「NEWS 23」

 令和に入ってから3日目となった5月3日。 

今回の天皇陛下の即位に関してTBSが他局以上に「こだわり」を見せて報道している。

 夜のニュース番組「NEWS23」では、現在の天皇陛下の曾祖父にあたる大正天皇が病弱だったために息子である皇太子(後の昭和天皇)が摂政についた際、宮中で大正天皇の側近たちが反発していたという事実を示す女官の証言テープを発見したとして放送した。

 明治、大正、昭和と続く天皇の歴史にくわしい放送大学教授の原武史さんも「非常に貴重な録音」で「(当時皇太子だった)昭和天皇が摂政になった際に宮中がギクシャクした関係になった裏側に何がったのが証言テープから浮かび上がってくるかもしれない」と期待を寄せている。

大正天皇の女官の肉声、摂政めぐる対立詳細に

出典:TBS NEWS 公式サイト

 天皇の退位と即位という、通常なら数十年に一度となる大きな節目をテレビ局のような報道機関が取材力を駆使し、これまで知られていなかった事実を掘り起こして国民に伝えようとするのはいいことだと思う。

 TBSは5月3日の憲法記念日の夜の「NEWS23」でひと味違う報道をみせた。

 それはこの数日、国民が退位や即位の儀式などを注視してきた象徴天皇という存在の、「憲法における位置づけ」を問い直したのである。

 おりしも長期安定政権を築いている安倍首相はこの日も「2020年を(改正した)新しい憲法を施行する年にしたい」と意気込みを語った。今は2019年。安倍首相の言う通りに2020年となれば、後1年ほどで改正された憲法が施行されることになる。

 TBSは安倍首相が率いる自民党が2012年に正式に発表した憲法改正草案には、天皇を「元首」にするという文言が記されている点に注目した。一般の人々が象徴天皇制についてどんな感想を持っているのかを聞き歩く取材がベースになっているが、なかなか考えさせる内容になっていたので紹介したい。

スタジオロング 垂れ下がった幕
スタジオロング 垂れ下がった幕

「象徴天皇」と「元首」とは何がどう違うのか?

 「NEW23」はこの夜、「令和に改元されて3日目のきょうも、皇居には天皇陛下の即位を祝う大勢の人たちが訪れたました」と伝えた。

 皇居に集まった人たちに「きょうは何の日?」と尋ねると、「国民の休日」「文化の日」「建国記念・・・」などといい大人が答えていて、憲法記念日だと認識する人があまり多くないことが伝わる。むしろ人々は令和になってのお祝いムードに浸っていようという意識の方が強い印象だ。

 日本国憲法 第1条ではこう書かれている。

「天皇は、日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であって、この地位は主権の存する日本国民の総意を基く。」

日本国憲法 第1条
日本国憲法 第1条

 4月30日に前の天皇陛下(現在の上皇陛下)は退位にあたり、

「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します」

とお言葉を述べられた。

象徴という言葉を強調した前の天皇陛下
象徴という言葉を強調した前の天皇陛下

 その翌日に現天皇陛下が即位にあたり、

「憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」

ことを誓われた。

 

 新旧お二人の陛下が口にされた「象徴」とは、何を意味するのだろうか?

街の人は「象徴」の意味をどうとらえているのか?聞いてみた

 人々の回答が興味深いものだった。

(熟年の男性)

「人間としての見本みたいな」

(若い女性)

「あるべき姿の日本を代表した姿というイメージ」

(男女のカップル)

「震災のあったときにひざまずいて国民の歩みよっていく」

 国民の間に広く、定着している「象徴」としての天皇。

 かつて明治時代に定められた大日本憲法では「天皇ハ国ノ元首二シテ統治権ヲ総攬シ」と、天皇は「象徴」ではなく「元首」と定められた。

大日本国憲法 条文
大日本国憲法 条文

 戦時中は天皇に主権があるとの解釈が主流となり、天皇は神格化されていった。

 これに対し、国民主権を定めた現在の憲法では、天皇を「象徴」として位置づけることにした。 

 それが2012年に自民党が示した「日本国憲法改正草案」では「天皇は日本国の元首であり、日本国及び日本国統合の象徴であって・・・」と、およそ70年前に削除された「元首」の文言が復活していた。

 その理由について当時、自民党は「わが国において天皇が元首であることは紛れもない事実です。」(「日本国憲法改正草案Q&A増補版」)とした。

自民党憲法改正草案(2012年)
自民党憲法改正草案(2012年)

 広辞苑によると、「元首」とは「一国を代表する資格をもった首長」のことだとされている。

 アメリカではトランプ大統領。中国では習近平国家主席。イギリスであればエリザベス女王が元首にあたる。

 2017年の衆議院の憲法問題審査会では、与党の公明党の太田昭宏衆議院議員が「権威は持つけれど権力は持たないことを徹底するという、象徴天皇制の本質論から言って、そうした『元首』ではないということが大事」だと述べている。

 憲法学者である首都大学東京の木村草太教授は以下のように解説する。

「天皇を『元首』と明記すると、条約の締結や外交上の代表が必要なとき天皇がその任を負うと解釈される可能性が出てくる。(天皇を元首にする憲法改正を訴える人たちは)動機としては戦前復古的な天皇の地位を増強する国がいい国だという思いが表れているのだと思う。」

木村草太教授
木村草太教授

 では、この改正案を掲げる自民党の責任者はどう考えるのだろうか。

 5月3日午後1時すぎに行われた「新しい憲法をつくる国民大会」で自民党の憲法改正推進本部長である下村博文衆議院議員を直撃取材した。

自民党 下村博文衆議院議員
自民党 下村博文衆議院議員

「まあ、もう一度議論し直す必要はあると思います。(改正憲法草案は)自民党が野党だったときに“かなりとがった視点”で議論した経緯がありますが、その後、衆議院選挙も2回以上、参議院選挙もしたなかで、当時議論した国会議員というのは、もう半分残っていませんから。」

 7年前の野党時代に「かなりとがった視点」でつくった草案だと話す下村氏に記者が質問をぶつけた。

(Qこれだけ「象徴」という言葉が国民に定着していて、今後「元首」を復活させる議論を遡上にあげるのか?)

「今の段階では考えていません。」

(Q日本国における元首といえば、下村さんの中ではどなたを思い浮かべますか?)

「ちょっと今はコメントしません・・・。」

 この後、番組では皇居を訪れていた人たちにこの問題についてどう思うか質問している。

(2人組の中年女性)

「なぜ『象徴』を『元首』に変えたいのかなと、経緯や思い、今後のことがわかればいい」

(若い女性1人)

「象徴というのは包まれるようなイメージ。

元首ってなっちゃうと、国民の中にいた象徴が、政治ともっと結びついちゃうようなイメージ」

「象徴」についての街頭インタビュー
「象徴」についての街頭インタビュー
「元首」についての街頭インタビュー
「元首」についての街頭インタビュー

 VTRはこの女性の話で最後で終了し、スタジオではこの日に発表された毎日新聞の世論調査のグラフが示された。

 象徴天皇制について「もっと権威と力のあるものにすべきだ」が4%。「現在の象徴天皇制でいい」が74%。「天皇制は開始すべき」が7%と、現在の象徴天皇制を支持する人が圧倒的に多い。

 星浩キャスターは以下のように総括した。

「平成の30年間で上皇陛下が被災地訪問や慰霊の旅を重ねてこられて、象徴天皇というのが定着したとみるべきだ」

その上で今後を予想してみた。

「自民党の草案は野党時代につくっていてコアな支持層を意識したもので、今回、自民党も国民の意識と乖離しているのではないか?と自覚していると思う。ですからこの『元首』論議が棚上げされるのがしばらく続く」

5月3日 TBS「NEWS23」のスタジオに垂れ下がった幕
5月3日 TBS「NEWS23」のスタジオに垂れ下がった幕

 「象徴」か「元首」かという問題を深掘りした「NEWS23」の特集は見終わってから、この2,3日の間で様々な皇室行事などを目撃することになった象徴天皇制のありようを考えさせてくれる内容だった。

 「元首」をめぐる改正憲法草案も、あまり深い検討や議論が行われた上で現在の形になっているわけでもなさそうなことは責任者の口ぶりからも察することができる。

 だが、だからこそ、かなり危うい時期なのだと改めて感じる。こんなふうに本格的な議論がないままに、国家の基本を定める「憲法」が政治主導で改正に向かって進んでいるのだとしたら、改元を機として多くの国民が体感することができた象徴天皇制は、将来的にはあまり安定したものではなくなってしまう可能性があるだろう。