ニュージーランド人青年の死亡 今日、遺族が記者会見 

死亡したケリー・サベジさん(中央)と両親。左側の母親マーサさんが記者会見する

 27歳のニュージーランド人青年ケリー・サベジさんの死は、今日7月19日に東京発のニュースとして世界中に大きく報道されるはずだ。

 ケリーさんは精神病を患っていたが、入院先となった神奈川県大和市の精神科病院でおよそ10日間にわたる身体拘束の後で、

心臓発作を起こして意識不明になり、別の病院に運ばれたがそこで死亡した。

 日本の精神医療の現場における身体拘束は一般的に改善の必要性が叫ばれながらも欧米社会のそれと比べると回数や頻度が多くて後進的と指摘されているが、そうしたなかでの今回の死亡事件は日本の精神科病棟のあり方を問う声が内外から上がりつつある。

 もちろん何が事実なのかは今の段階ではわからない。

 ニュージーランドなどの報道によればケリーさんの死と精神科病棟での身体拘束との因果関係について、病院側は否定しているという。

 今日7月19日(水)午後3時から、厚生労働省の記者クラブでケリーさんが精神科病棟で身体拘束を受けている様子をそばで見ていたという兄パトリックさん(32)と地球物理学の専門でビクトリア大学の教授を務める母親マーサさんが記者会見をするという。

兄や母親など家族の側から見た「ケリーさんの死の真相」がそこでくわしく説明されることだろう。

 それだけではない。その記者会見には日本人の専門家が同席するという。

 杏林大学教授の長谷川利夫さんだ。

 

 長谷川利夫さんは精神医療の専門家で精神科医療における身体拘束については第一人者だ。

 「精神医療における隔離・身体拘束」という専門書も書いている。

 これまで日本の精神医療の現場が比較的安易に患者への身体拘束を行っている現状について苦言を呈してきた人だが、記者会見ではそうした第一人者から見て今回のケリーさんの死について考えうることや身体拘束がどういう実態であるのかについて、専門的な見地からの解説もしてくれるはずだ。

 ケリーさんの遺族や長谷川さんたちは、厚労省記者クラブでの会見が終わったら、外国人特派員協会でも記者会見を行う予定だ。 

 外国人特派員協会には会見の予定がアップされている。

Wednesday, July 19, 2017, 16:30- 17:30

"Unruly physical restraint of patients at psychiatric hospitals must stop"

Language: The speech and Q & A will be in English and Japanese with English interpretation

There is a dark secret in Japan’s psychiatric treatment, in which physical restraint of patients is widely practiced. It is so widely practiced that it might be causing unnecessary death of patients.

The questionable practice was highlighted earlier this year when Kelly Savage, a 27-year-old English teacher from New Zealand, died in Yamato Hospital’s psychiatric ward. Kelly, who was put waist, leg and wrist restraints, and tied to a bed for 10 days before he suffered a heart attack on May 10.

Physical restraint refers to patients’ limbs being tied to a bed using specialized tools. It causes substantial physical and psychological distress on the patient. However, it is widely practiced in Japan because a psychiatrist alone can authorize it on the basis of clear hyperactivity and/or agitation.

In Japan, although the number of patients in psychiatric wards of a hospitals is decreasing, cases of physical restraint are increasing. According to national data, 10,682 people were restrained in 2014 more than double the number from a decade earlier.

An investigation of 11 hospitals conducted by Prof. Toshio Hasegawa of Kyorin University showed the average duration of physical restraint was 96 days. This directly contradicts UN Resolution 46/119 on “The protection of persons with mental illness”.There are approximately 290,000 patients in Japanese psychiatric hospitals, of which over 200,000 are hospitalized for more than a year. The average length of stay is approximately 280 days.

There are many reports of patients and their families being shocked to find restraint being applied even at times when patient are perfectly calm. It is also common for patients to be restrained on the grounds of fall prevention, and there are examples of restraint being used in a disciplinary manner.

Speakers will share the awful experience they had with Kelly’s hospitalization, and call for reviewing the legitimacy of the widely practiced use of physical restraint.

出典:The Foreign Correspondent' Club of Japan

  

 ケリーさんの母親のマーサさんも科学者で、わざわざ日本に来てまで記者会見をするからには、息子の死の真相を究明したいという思いが強いのだろうと思う。

 

厚生労働省が行った精神科病院への調査でも1万人以上の人たちが身体拘束されている現状が明らかになっている。

 欧米でこれほどの状態はありえないことだというが、今日19日の夜には東京発の特派員電が世界中に発信されることだろう。

 

 もちろんケリーさんの死の真相がどこにあるのかはまだわからない。このため、日本側、特に当該の精神科病院や監督官庁など関係機関は速やかに情報を収集して真相がどうだったのかを確認して公表してほしい。

 

今日のテレビの夕方ニュースや夜のニュース、あるいは翌朝の新聞の報道がこの記者会見をどう扱うのか、注目したい。