BPOはMX報道を裁けるか 

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

 

 偏見だらけの番組だった。

 筆者が常々ウォッチする「テレビ」というジャンルで、「報道」と銘打ってはいるが報道が守るべき手順を踏まずに「予断と偏見に満ちた放送」が堂々と繰り広げられていた。

 最初に記事として配信したのはBUZZFEEDだった。

「沖縄の基地反対派は日当もらっている」MX報道 その根拠となる取材と証拠とは

 詳しい内容はBUZZFEEDの記事を読んでほしい。

TOKYO-MXTVの番組「ニュース女子」が1月2日、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設に反対する人たちを「テロリスト」と表現し、「日当をもらっている」「組織に雇用されている」と報じた。

反対運動に参加している人たちや名指しされた団体「のりこえねっと」は反発。報道は「歪曲」で、そもそも取材も受けていないなどと、抗議声明を出した。

出典:BUZZFEED「沖縄の基地反対派は日当もらっている」MX報道 その根拠となる取材と証拠とは

 実際に番組を見てみたら、

BUZZFEEDの指摘通りで、様々な問題があることがわかった。

 民放テレビ局の報道記者を長くやった経験でみると、なぜこうした報道が行われたのか、なぜ放送を許したのか疑問だらけだ。

画像

 問題になった番組は、

「ニュース女子」

という名前でキャッチフレーズは

「★タテマエや綺麗ごとは一切なし! 本音だらけのニュースショー!!」

だ。

番組内でも「マスコミが報道しない真実」というフレーズが何度も繰り返されるが、他のマスコミが伝えないことを伝える、というのが番組の売りらしい。

 問題部分は、『ニュース女子』の中の20分あまりのコーナーで「軍事ジャーナリスト」で「軍事漫談家」とも紹介される井上和彦氏がVTRレポートとスタジオでのトークで「沖縄・高江ヘリパッド建設問題」を伝えているコーナーだ。

 スタジオには保守派で知られる男性ジャーナリストや男性コメンテーターたちが並んでいる脇に若い女性たち数人も陣取ってVTRや男性陣のコメントなどにいちいち「えーっ!、「へー、そうだったんですか?」などと驚きの声を上げて盛り上げていく、そういう作りの番組だ。

 私が報道機関としての原則や倫理に違反している番組だと感じたのは以下の点だ。

(1)「反対派住民」を最初から敵対視している

 VTR部分の最初の方で「いきなり、デモ発見!」というナレーションとともに井上氏が

「いました、いました!反対運動の”連中”がカメラ向けていると、こっちの方見ている。このへんの運動家の人たちが襲撃をしにくると言っているんですよね」

とカメラ目線でレポートし、反対派のほうに近づく。

「連中」という言葉は相手を蔑んだり見下したりする言葉だ。通常は報道番組でこうした言葉を記者やレポーターが使ったら、それだけで番組としてアウトである。それなのに反対派住民に対して最初から敵対的なのだ。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

「この辺の運動家の人たちが襲撃に来ると言っているんですね」

と語る井上氏の姿に『井上さんは反対派にとって有名人』という字幕がかかる。

 さらに「井上さん、このまま突っ込んで襲撃されないですか?」と面白がるような口調のナレーションが入る。

 次に井上氏が反対派に「取材交渉」したという大きなテロップの文字が入る。

 だが、すぐに「このままだと危険と判断し。ロケ中止」という文字に変わる。

 その文字の後で、井上氏がカメラに向かって

「近づくとね、1人、2人立ち上がって敵意をむき出しにしてかなり緊迫した感じになります。このあたりで止めておいて…」

とレポートする。

スタジオにいる女性が「かなりうれしそうだな」と茶々を入れたり、笑い声が聞こえる。

 反対派に対し、終始馬鹿にしたような姿勢でぶざけた感じで扱っている。

(2)「反対派住民」が組織的に動いているという印象をとかく強調する

 その後で「元祖反対派が集まる」とナレーションが紹介する米海兵隊の普天間基地の前に井上氏は行くが、反対派の姿は見えない。

 井上氏は

「ぶだんならひどい状況になっていて、ちょっとどうなっているのかなと思って地元の方に聞いてみると、基地の外の反対運動の人たちは土 日お休み。週休2日のようですね」

とレポートする。

東京MXテレビ「ニュース」から
東京MXテレビ「ニュース」から

 土日は活動せずに「週休2日」と言って、なんらかの組織に雇われてお仕事として働いているイメージが強調される。

 その都度、スタジオの女性たちの笑い声などが響く。

 その後で、翌朝に撮影されたという反対派が基地の前にいる映像が入り、ナレーションで

「ちなみに次の朝、ちゃんと出勤していた反対派のみなさん、お疲れ様です!」

と茶化すナレーションが入る。

その後で井上氏が再び登場して

「もう一つの理由はこのへんの反対運動の人たちはどうやら高江のヘリパッドの基地建設現場へ集中投入されていると…」

と思わせぶりにレポートする。

反対派は本人たち一人ひとりの意思というよりも組織の指示であちこちに移動するというイメージだ。

(3)「反対派住民」を年寄りばかりと揶揄し、嘲笑している

 この後、井上氏は名護市にある辺野古基地の前の反対派が立てた青いテント前を車で移動する。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

 そこにいる反対派の人たちを「定年過ぎたような人ばかり」とレポート。

続くナレーションでは

「反対派の過激デモを支えるのは彼らシルバー部隊。万一逮捕されても生活に影響が出ない65歳~75歳を集め、過激デモ活動に従事させているという」

と伝える。

 反対派は、絶えず揶揄し嘲る対象として登場する。

 組織が反対派を従事させている、という印象を強める姿勢で伝えるが、なぜ反対するのかについて当事者を取材して伝えようとはしない。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

(4)「反対派住民」を「過激派」「武闘派」「テロリスト」などとレッテル貼りしている

 細かい点では、「過激デモ」「武闘派集団」「テロリスト」「道路を封鎖」「犯罪行為」などと反対派住民を一方的に暴力集団だと決めつける場面が数多く出てくる。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

 反対派住民に対して一方的にこうしたレッテル貼りをしながら当人たちの言い分は聞かない。

通常の報道記者のセオリーから完全に逸脱している。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

 ヘリパッド建設の現場に行く道のトンネルの手前で井上氏は

「方々からここは危険なためちょっと我慢してほしいと…」

と言ってロケを断念した旨が伝えられる。

「過激デモで危険なため、ロケ中止の要請が」と字幕が入る。

 ナレーションと字幕で

「反対派の暴力行為により、高江ヘリパッドに近寄れない」

と伝えられる。

 地元の基地賛成派と思われる人物に話を聞いて、

「テロリストみたい」

と反対派住民を表現している。

「なぜ後先考えずに犯罪行為を繰り返すのか?」

というナレーションが入る。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」から

 

(5)在日韓国人である団体の共同代表を中傷して名誉棄損している

 その理由が次に説明される。

「その裏には信じられないカラクリがあった」

というナレーション。

 東京の連合会館で開かれた集会のことや韓国の人が呼びかけている、としてビラについて解説する。

 井上氏は

「『びっくりしたのは5万円あげます』と書いてあるところ」

とビラを示す。

「後は『自力でがんばってください』と書いてある」

という説明も入る。

 さらには現地で見つかったという「茶封筒」が示され、

「反対派には日当が出ている?」

と憶測するナレーションが続く。

 こうした指摘があるたび、スタジオの女性たちが信じられないという思いで「えーっ!?」と声を上げる。

「これが事実なら反対派の人たちは何らかの組織に雇われているのか?」

という想像をかきたてるナレーションで終わる。

 

 このように事実かどうか確認できないことを伝えることは報道の原則から逸脱する。

 このため、テレビも新聞も こうした報道は決してやらない。

 だがスタジオトークは続く。

 VTR部分では連合会館での集会のビラの団体名には名前の部分をボカシを入れていた。

 しかしスタジオ部分では

「その(反対派の)ボスは日本の方ではないんですか?」

とスタジオでは女性に質問させ、

井上氏が

「韓国人はいるは、中国人はいるは・・・」

「『なんでこんな奴らが反対運動やっているんだ?』と地元の人が怒り心頭になっている」

と説明した。

スタジオの女性が

「今までは反対派は正義感でやっていると思ったが、どうも『お仕事』としてやっているよう」

と意見を言う。

井上氏は

「大多数は米軍基地に反対という声を聞かないんです」

「沖縄の地元の警察が取り締まると『お前の嫁さんを強姦するぞ』と脅されるので手を出せない」

「機動隊も大阪から、反対派も大阪から来ていて大阪弁同士でやりあっている」

「沖縄県民は蚊帳の外にされている」

などと話し、スタジオトークが進む。

 ここでVTRではボカシが入っている団体名について

スタジオでは

「のりこえねっと」という反対運動をしている団体の名前や共同代表である在日韓国人の女性「辛さん」という名前に言及する。

 ここで「『のりこえねっと』の辛淑玉は何者?」という字幕が入って、

男性コメンテーターの1人が

「もともとは反原発、反ヘイトスピーチ、そして職業的にずっとやってきて今沖縄に行っている」

と解説し、

別の男性コメンテーターが

「すき間産業ですね。盛り上がればなんでもいいんです」

と批判的に言う。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」

 反対派への現金を入れていたとする謎の茶封筒があったなどのエピソードから、反対派が「雇われている」という印象が強調される。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」

(6)外国人がカネの力で反対派を雇っている、ということを強く暗示する

 反対派の人たちをカネで雇っているのは外国人、という点が強調される。

 こういう言説はネット上で根強く流されていることは事実だが、裏付けはない。

 ネット右翼による陰謀論の主張にかなり似ているといえる。

 この点は繰り返し強調される。

 女性の1人が

「あの交通費の5万円は財源はどこなんですか?」

と発言する。

 これに対して井上氏は

「本当にわからない。この『のりこえねっと』というところが書いてあって連合会館で御茶ノ水でやっているわけです。東京から反対派の人たち、一緒にやろうよ、5万円あげるからとそりゃ、格安の格安のチケットで行けば行けますよ」

と答える。

男性コメンテーターが

「辛さんというのは在日韓国朝鮮人の差別ということに闘ってきた中ではカリスマなんです。お金がガンガンガンガン集まってくる」

と説明。

再びスタジオの女性から

「中国が反対するのはわかるがなぜ韓国が反対するのか」

と質問が出ると、

別の男性コメンテーターが、

「韓国には親北(朝鮮)派がいるんです」

「北朝鮮が大好きな人がいるんで。パククネ反対デモをやっている」

という解説が示される。

 在日韓国人である辛さんがいつの間にか「親北(朝鮮)派」として、なんらかの組織的な思惑で沖縄の基地反対運動の黒幕、という

流れで話が作られている。

 裏付けがないままの情報が繰り返し、垂れ流されていた。どうみても名誉毀損だと感じる。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」

 韓国、中国といった「外国」の政府の影をちらつかせる。まるでネトウヨ団体による陰謀論ではないか。

 それがテレビの地上波で堂々と放送されたのだ。

1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」
1月2日放送、東京MXテレビ「ニュース女子」

 沖縄の歴史や過去の米軍による事件・事故などが一切登場することもなく、一つひとつの事実が確かめられることもなく、反対派の声をc奥説、聞くこともなく、中国や韓国によって影やカネで雇われる反対派、という印象を強調した話が繰り返された。

バランスを欠く一方的な取材や表現が目につき、「放送倫理」を大きく逸脱する放送だったと断言していい。

 もちろん、ネトウヨ集団が仮にネット上にアップするだけであれば、(好ましいことだとは言わないが)その人たちの勝手である。

 だが、テレビで「放送」する場合には放送倫理に照らして完全にアウト、というのが多くの研究者の見方だと言っていいだろう。

  

 今回、東京MXの番組が投げかけた問題は相当に深刻であると考えている。

 

 こうしたなかで番組の中で名指しされた辛淑玉(シン・スゴ)さんが近いうちにBPOに人権侵害を申し立てるという。

東京MXテレビが「沖縄ヘイト」番組 高江抗議に「日当」「暴力」 辛淑玉さん、BPO申し立てへ(沖縄タイムス)

東京の地上波テレビ局が2日に放映した番組が、米軍ヘリパッド建設に対する抗議行動を「カメラを向けると凶暴化する」「韓国人はいるわ中国人はいるわ」などと紹介し、沖縄をはじめマイノリティーに対するヘイトスピーチだと批判されている。番組中で名指しされた在日3世で人材育成コンサルタントの辛淑玉(シンスゴ)さんは近く放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立てる。

出典:沖縄タイムス プラス

 実際に名前を出された当事者の訴えだから、この申し立ては受理されて審理が始まる可能性は高い。

 だが、BPOにとって、あるいはBPOのみならず放送業界全体にとって、今回のケースは実は一筋縄でいかない厄介な問題だ。

 実はかつてない複雑なケースだといえる。

番組をつくったのは東京MXテレビではない。

 健康食品や化粧品大手のDHCの子会社の番組制作会社「DHCシアター」なのである。

 番組はCSのチャンネルでも「放送」されていた。

 BPOはNHKと民放連(日本民間放送連盟)が出資して設立された自律的な組織だ。

 「放送のお目付け機関」などとも言われ、万能のようなイメージもあるが、実際のところ、あくまでNHKと民放連傘下の放送局にしかその威信は届かない。

 一方、多チャンネル化のなかCS放送やケーブルテレビでは地上波とは違ってかなり「政治的主張」を前面に出す番組も目立っている。

 もちろん「ニュース女子」が相当に問題だらけの番組であることは間違いない。 

 とはいえ、BPOはすでにCSが「放送」した番組をどこまで裁くことができるのか。

 BPOに人権侵害を申し立てた場合は、BPOの放送人権委員会が担当になる。放送したのは東京MXテレビで、MXは民放連に加盟しているので審理の対象にはなるが、問題は放送人権委員会が制作者へのヒアリングをしようとした時に民放連に入っていない「DHCシアター」が言うことを聞くかどうかは確かではない。そうなるとBPOによる「検証」がどこまできちんとしたものになるのか、微妙なものになる可能性もある。 

今回の「ニュース女子」にはBPOにとってはかつてない試金石になるかもしれない。