映画が始まったその瞬間から賛否を呼ぶといっていいのが、映画「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版」だ。

 ルーマニアの鬼才ラドゥ・ジューデ監督が手掛けた本作は、冒頭、いきなり男女の本番セックスシーンで始まる。

 でも、自己検閲版は、このシーンが見られないように別の映像で上塗り。

 その中で、「殺人シーンはOKで、フェラはNGだって?」など、この検閲版に対する監督の辛辣なつぶやきともいうべきメッセージが文字で表記されて、物語が始まる。

 もう、これだけで物議を醸す印象を抱くことだろうが、作品は第71回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞!

 その後も、ニューヨークタイムズが選ぶ2021年ベスト10の第2位に選出されるなど、世界中で大反響を呼ぶ。

 有名校の女性教師の夫とのプライベートセックス動画がネットへ流出してしまったことで起きる騒動から、現代社会を鋭く問う本作は何を映しているのか?

 ラドゥ・ジューデ監督といくつもの作品でタッグを組んできたプロデューサー、アダ・ソロモン氏に訊く。(全四回)

アダ・ソロモン プロデューサー 写真クレジット:Jens Koch for Berlinale 2021
アダ・ソロモン プロデューサー 写真クレジット:Jens Koch for Berlinale 2021

第二部はラドゥ監督の頭の中が垣間見える

 前回(第三回)は三部構成の中の第一部の話についてで終わったが、今回は第二部の話から入る。

 前回、アダ・ソロモン プロデューサーが語っていたように第二部『逸話 兆候 奇跡の簡易版辞書』は、『真実』『軍隊』『先住民』といった言葉に対しての意味を問うエッセイフィルムが延々と並べられた構成に。本作で語られる論点や問題が提起される章になっている。

「第二部については、プライベートセックス動画が誤って流出してしまったエマの置かれた状況から浮かびあがってくる問題の論点が次々と表示されて、それに合わせた映像が流れ、ラドゥ監督の意見というか、コメントがずらっと並べられている。

 矢継ぎ早に提示されていきますが、その間にみなさんもいろいろなことに気づかされ、エマに関して思いめぐらすことになるのではないでしょうか。

 また、先の回で、わたしはラドゥ監督について『頭の中に百科事典が入っているのではないかと思う』と言いましたけど、そのことが感じられるパートといってもいいかもしれません。

 『よくこんなことまで知っているな』とか、『確かにこういう考え方もあるよね』といった事が示されている。

 この構成と事項や映像のチョイスというのは唸らされるところがある。ラドゥ監督の感性と思考力が感じられるのではないかと思います」

「セックス=不道徳」のイメージを植え付け、

エマを破廉恥教師として解雇が妥当 なのか?

 最後の第三部『実践とほのめかし』は、まさに提示された問題の議論がなされるパート。

 ブカレストの街をさまよい歩いていたエマが、今回のビデオ流出の事情説明をするため学校へ。

 会場となる学校の中庭には、保護者20数名と校長が待ち構えている。

 会は、まず流出映像を全員でみるという、エマにとっては屈辱的な事柄からスタート。

 女性たちは嫌悪感を露わにし、男どもは口では批判しながらぎらついた目つきで映像をみて色めき立つ。

 ここからエマはほとんどノーガードの針の筵状態。批判ならばまだしも、ほぼほぼ誹謗中傷を受け続けることになる。

 そこには歴史修正主義者や人種差別主義者なども加わり、エマはひたすら責めたてられ、彼女の意見に耳を傾ける者は誰もいない。

 そして、エマを追い詰める人物たちは自分たちこそ正義とでもいわんばかり。

 論点をずらし、問題はすり替えられ、「セックス=不道徳」のイメージを植え付け、エマを破廉恥教師として解雇が妥当という流れが出来上がっていく。

 その光景は、確実にいまの社会の風潮を物語っている。また、誹謗中傷の絶えないネットの世界をリアルで表現したようにも映る。

「三部は、この作品が言及する問題の議論のパートといっていい。

 みなさんは、どのように受け止めるでしょうか?

 はっきり言って、もう滑稽すぎて話にならないと思うのではないでしょうか?

 エマは、保護者や関係者を前に、自身の教育理念や教師として大切にしていることをきちんと話す。

 動画の流出は不可抗力でどうすることもできなかった。セックス動画をみてしまってショックを受けた生徒たちには申し訳ないが、本来見ることを禁じられているアダルトサイトに子どもたちがアクセスしていることはどうなのか。

 夫とのセックスは自然な行為であること。自分が教育者として不適格かどうかとセックスは関係ないことと訴える。

 でも、どの人物も聞き入れない。よくよく考えると、セックスをするのは教育者として失格というおかしなことになっているのだけれど、それがまかり通っていってしまう。

 客観的にみると、『おかしい』とわかるんですけど、得てして、こういうことになりがち。とりわけ『性』に関することというのは、『卑猥』『猥雑』といったことに集約されて、その部分だけで判断されてしまう。

 また、エマと彼女を糾弾する人々の関係というのは、わたしはひとつの社会を見せているのではないかと思います。

 どういうことかというと、エマの声というのは正しい。事実を話している。でも、その声が、大勢の人間たちの罵詈雑言に近い声によって掻き消されてしまう。

 こういうことはそこかしこであるのではないでしょうか。世の中の人々の声が、ごく一部の権力者やそれに従う者たちによってもみ消されてしまうといったことが。

 ですから、第三部は滑稽で笑えるんですけど、実は心の底から笑えないんです」

(※本インタビューは終了。次回収められなかったエピソードをまとめた番外編をお届けします)

【アダ・ソロモン プロデューサー 第一回インタビューはこちら】

【アダ・ソロモン プロデューサー 第二回インタビューはこちら】

【アダ・ソロモン プロデューサー 第三回インタビューはこちら】

「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版」より
「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版」より

「アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版」

監督・脚本:ラドゥ・ジューデ

全国順次公開中

場面写真は(C) 2021 MICROFILM (RO) | PTD (LU) | ENDORFILM (CZ) | K INORAMA (HR)