一本が多くなった柔道だけど,つまらない? ルール変更で狭隘化(きょうあいか)する柔道

駆け引きできない柔道で、反則負け

 リオ五輪を来年に控えたこの時期、スポーツ界では五輪出場をかけて国際大会が目白押しである。

 お家芸柔道でも「グランドスラム東京2015」が東京体育館で12月4日~6日に行われた。男子は7階級中6階級、女子は7階中5階級を制すなど日本柔道は好成績を収めた。

 とはいえ、現場の柔道関係者からこんな声があがった。「ルール変更で一本が多くなったけど、やっている方は駆け引きがなくてつまらない」

 そんな声を反映するような場面が大会で見られた。81キロ級準決勝、現世界王者の永瀬貴規(筑波大)選手と李選手(韓国)の一戦である。

永瀬が右の大内刈りから内またへとつなぐ。相手は、はね上げられた左足で永瀬の上半身をまたぎ、危機を逃れようとした。永瀬は攻めの手を緩めず、畳にはいつくばる相手をすくい投げのように裏返す。一本勝ちでもおかしくないが、審判団は永瀬に「足取り」の反則負けを宣告した。

出典:朝日新聞

 

 結局、永瀬選手は反則負けし3位に終わった。

 このような混乱が起きているのは、2年前の2013年から国際際柔道連盟(IJF)は立ち技の攻防での足取りを禁じたから。

 組み合わず双手刈を繰り返す選手が増えため、組み合って投げ合う柔道にしたいというIJFのディレクションによってルールが変更された。

 とはいえこのルール、現場では評判がよくない。当初、組み合うことで日本人に有利なルールと言われていたが、実際運用されると組み合うことにより、とりわけフィジカルやパワーが重要視される重量級ではむしろ、外国人の方が有利なルールであるといえる。実際、かつて日本が常勝していた最重量男子100kg超級では、パワー柔道の潮流に日本の重量級は苦戦している。

狭隘化する柔道

 一方で、外国人に有利かとおもいきや、グランドスラムに出場していた各国のコーチが口を揃えていう。「ルール変更して、柔道がタクティックス(戦略的)じゃなくなったよね。よりフィジカルな柔道になってつまらなくなった。足取りもないし、組手争いも減った。」

 つまり、足取りに対する防御やカウンターの技術が失われ、柔道技術体系の幅を狭め、駆け引き(戦略的要素)が減っていると、外国人柔道家も同じように感じていたのだ。

さらに、年末の格闘技イベントに桜庭和志と対戦する青木真也氏は、

「やっぱり掬い投げや肩車って美しいし朽木倒しやタックルも良い技だと思うのです。カウンターで払い腰で投げたりもできるしあの攻防が見れないのは寂しいです。」

出典:青木真也氏Twitter

五輪金メダリストで総合格闘技家の石井慧氏も

「ここまでルールがかわると今までの過去の色々な方々の功績や記録も基準がよくわからなくなりますね。僕なんか全然勝てなかったと思います。」

出典:石井慧氏Twitter

 と述べているように、短絡的に組み合うことを促すルールに変更したことによって、柔道の本質そのものが失われる危機にもなっているといえる。

 私自身も教え子と稽古中、思わず組手をきったり、足をとってしまうと「反則です。先生の柔道は昭和の柔道です!」とガラパゴス化されてしまう。朽木倒しも両手刈も伝統的な柔道の技にもかかわらず、今では教えることができない。とりわけ寝技が得意な選手にとって、足取りから寝技への移行は定石。これでは柔道の魅力がなくなってしまうのではないだろうか。

さらに石井氏は、

昔ですけど小川直也先輩に練習つけていただいた時、なかなか組手切れないなと思ってたら練習中ずっと鉄砲グリップでもっていました。我々のしらない面白い技術もたくさんありますね。

出典:石井慧氏 Twitter

また青木氏は

格闘技としての柔道を残さないとですよね。僕の中ではMMAも柔道も同じなのです。

出典:青木真也氏 Twitter

と述べている。

 「柔道がどうであるべきか?」については、柔道の方向性を決定する最高機関のIJF理事会では、これまで日本人理事が不在で、そのディレクションをIJFに負託するしかなかった。しかし今年9月、ヴィゼール会長の鶴の一声で、山下泰裕氏、上村春樹氏の二人が同時に指名理事としてIJF理事に就任いた。

 とりわけ剛腕のヴィゼールIJF会長の下で形だけの「みなし理事」にされないよう、お二人には是々非々で、日本柔道の主張、柔道の本質をIJF理事会で議論してほしい。さらに私たち日本人柔道家もSNS等を通じながら議論し、日本柔道の世論を形成すべき時期にきているのではないだろうか。