東京都議選:成人後初の棄権を余儀なくされた私から、投票に行くことを迷っている貴方へ(改題・修正)

選挙に行き投票することは、自分自身のための政治の第一歩。(写真:アフロ)

2017年7月2日(日)は、東京都議選の投票日。

本記事では、選挙権はあるけれど投票に行く気になれず、「誰に入れても同じこと」と思っている貴方のために、投票という行為は「参加することに意義がある」ということ、それから、ご自分なりの「迷ったらこの基準」の作り方をまとめました。

なお今回、私自身は選挙権を持って以来、初の棄権を余儀なくされております。公示日前から投票日後まで日本を留守にすることになったからです。

選挙権ある人にとって、選挙で投票することは最低限の政治参加

選挙があり、選挙権や被選挙権(候補者になる権利)があることの意味は、どこにあるのでしょうか? 

極めて基本的、かつ極めて大切なことですが、あらためて確認しておきたいと思います。

選挙に投票に行くことは、自分が政治そのものに参加するということです。

あなたが政治に参加することの意味は、あなた自身の声を政治や政策に反映することにあります。

自分が無視される政治、自分が痛めつけられる政策を歓迎したい方はいませんよね? 

ならば、選挙権があるのなら、自分のために選挙に行き、投票しましょう。

無効票でもいい、投票という行為に意義がある

とはいえ、「誰も選びたくない」「どの党にも賛同できない」という場面は大いにあるかと思われます。それでも、選挙に行くべきなのでしょうか? 

答えは「Yes!」です。

「選挙会場に行き、投票用紙を受けとり、内容が何であれ投票した」という事実があれば、あなたの一票は「選挙参加者1人分」とカウントされ、投票率の計算にカウントされます。

白票や無効票には、「自分は誰も(どの党も)支持しなかった」という意図を反映する結果にならない場合はあります。でも、それを気にして選挙に行かないことより、行って白票や無効票を投じる方がマシです。選挙に行かないと、選挙に参加したことにさえならないのですから。

ただし人名の一部や、多くの人が書きそうな文言には、注意しましょう。

たとえば「みわ」と書いて投票したとき、姓または名が「みわ」の候補者がいたら、その人に投票したことになってしまいます(「複数いたら?」などの面倒な問題はさておきます)。また、かつて参院選で「支持政党なし」という名称の政党が、どの政党も支持したくない人の「支持政党なし」という票を集めようとしたこともあります。

心配なら、明らかに人でも候補者でもない絵や図や数式を書いておけば、間違いなく「投票はするけど、誰も選ぶ気はない」と示すことができます。

候補者選び、私の基準

「せっかくだから候補者から誰か選んで投票しようかな」とは思うものの、誰をどういう基準で選んだら良いのか、悩ましい方も多いことでしょう。私自身「あああああ、誰にも投票したくない」と思うことが多いですから。

でも、なるべく、誰か(どの党か)を選ぶようにしています。

過去の選挙では、「実行力なら自民党、だけど政策の内容は別の政党を選びたい」「異論の党がないと議会の健全性が保てないのでは」などなどの観点から、いろんな選択をしてきました。同時選挙で、一方は自民党・他方は共産党という選択をしたこともあります。

現在は、

1 女性議員に増えてほしい

2 若手議員に増えてほしい

3 マイノリティ議員に増えてほしい

4 女性や若い人やマイノリティの声を反映する議員に増えてほしい

の4点だけで、あまり悩まずに選んでいます。

具体的には、「女性・50歳以下・マイノリティ」の3点、またはうち2点が揃っている候補から選びます。過去、社会的に弱い立場にある人々の声を政策に反映してきた実績のある政党に属している候補者なら、より良し。

実際には、「カネと政治力はあるけれど、社会的弱者の声を反映する気はない」と「社会的弱者の声を反映する気は大ありなんだけど、政治力が少ない」の2択になるため、「女性・50歳以下」を満たす候補者の中から、「この候補者が受かってくれたら、所属政党・会派を含めて、イヤではない」という方を選んでいます(LGBTの方については、私自身がノンケに近く性の問題にピンと来ないため、触れていません。ご容赦を)。

50歳以下にこだわるのは、「老害」と言われる前に実績を積んで引退して後進を育てられる年齢の下限として、です。50歳で初当選なら、3選で62歳、4選で66歳です。

候補者選び、あなたの基準は?

では、私ではない貴方は、どういう基準を設ければ、あまり悩まずに候補者を選べるのでしょうか?

まず、貴方の困っていることを5つ書き出してみてください。

その5つの困りごとを、現在の東京都政や東京都議会の人数バランスでは解決しにくそうな順に並べ替えてみてください。

すると、ご自分の一票によって解決する可能性で優先順位をつけられた、ご自分自身の困りごとのリストができます。

このリストに準拠して候補者を絞り込めば、そんなに悩ましいことにはならないでしょう。

実際には、リストの上位2点か3点だけで、候補者を1人に絞りこめることが多いと思われます。

むろん、貴方の思いが候補者の当選につながるとは限りません。また、貴方の思いを背負って当選した議員が、思いを叶えてくれるとは限りません。

しかし、常にこういう意識でニュースや政治を眺めていると、自動的に「自分にとっての社会の課題とは何か」「自分にとっての社会の課題解決が解決されるためには何が必要か」を、自分の中で明らかにする習慣がつきます。

その習慣は次の選挙で、ご自分にとってより良い選択をすることに、間違いなくつながるでしょう。

成人後、初めて選挙に参加できない私(ぐや“じい”!)

今回の東京都議選は、私の成人後初めての棄権となる選挙です。公示の前から投票の後まで日本にいないため、投票が出来ないことになってしまいました。

1983年12月、まだ福岡にいた私は、大波乱となった福岡県知事選(亀井光 vs. 奥田八二)の選挙運動や選挙後のもろもろをリアルタイムで見ていましたが、自分自身の20歳の誕生日は、投票日のほんの少し後でした。

そのとき投票できなかった悔しさから、選挙権を持って東京に出てきて以後は、一度も棄権しなかったのに。

あああ、悔しいです。

オリンピックと違って、選挙には、参加することそのものに大きな意義があります。

参加することに意義がある選挙に、参加する意義を認めて参加する方が、一人でも多い選挙となりますように。