京アニの特別展、ニューヨークのアニメフェスに 海を越える支援の輪

(写真:つのだよしお/アフロ)

 米ニューヨークで11月に開かれる日本のポップカルチャーなどを紹介する展示会「アニメNYC」(Anime NYC)で、京都アニメーション(京都府宇治市)の作品が特別に展示される見通しとなった。2016年の初開催以降、京アニの展示はなかったが、今年の放火殺人事件を受け、主催する米企業側が哀悼の意を表し、スペースを用意する。慈善の寄付も行う予定。

 今年のアニメNYCは過去最大規模となり、数十カ国から最大5万人の来場者が見込まれる。京アニの犠牲者を悼む声が世界中から寄せられ、支援の輪は海を越えて広がる。

2018年のアニメNYCの様子。多様な来場者が世界中から集まる
2018年のアニメNYCの様子。多様な来場者が世界中から集まる

京アニに焦点

 アニメNYCは「米国最大都市で開く日本のポップカルチャーの展示会」で、制作サイドや声優、アーティストらとファンの交流の場となっている。

 主催者のLeftField Mediaによると、2016年の初開催以降、京都アニメーションは出展しておらず、今年も京アニ自体は出展しない。しかし7月に多くのクリエイターが亡くなった事件を踏まえ、特別に出展スペースを設ける。詳細は未定だが、「今年は京都アニメーションに焦点を当てた取り組みを多く準備している」という。

 またアニメNYCに併せて、アニメソング(アニソン)のアーティストらが集結して歌声を披露する「ランティス祭り」もニューヨークで初めて開かれる。京アニの「響け!ユーフォニアム」や「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のテーマ曲を歌うTRUEなどが出演する。先月末に売り出されたチケットは、135ドルのVIP用を含め1週間とたたずに完売しており、人気の高さを裏付けている。

チケットは完売(アニメNYCのサイトより)
チケットは完売(アニメNYCのサイトより)

 

今年は過去最大、支持層幅広く

 昨年は全米50州のほか、世界16カ国から3日で計約3万6000人が訪れたという。盛況を受け、今年は展示スペースを従来の2倍に広げ、最大で約5万人の来場を見込む。広さも人数も過去最大となる。

 人種が多様なニューヨークの地域性も相まって、これまでの来場者は33%が白人系、25%がアジア系、23%がヒスパニック系と、幅広い層に支持されている様子がうかがえる。そうした背景から19年の展示では「通訳チーム」が強化されるといい、日本のアニメ、文化の発信に一層つながりそうだ。

幅広い層の来場者
幅広い層の来場者

 会場では作品の上映会をしたり、コスプレをした来場者同士が交流したり、アニメ演出家の富野由悠季氏が「機動戦士ガンダム」について語ったりと、さまざまなイベントがある。

 ゲーム・アーケードのコーナーも充実しており、VR(仮想現実)コンテンツのプロジェクト「AniVR Japan」などが出展する。最新のVR技術などを駆使した新たなアニメやゲームの見せ方、在り方を感じられる展示会となる。

 アニメNYCの参加者にはバンダイナムコや、傘下でガンダムなどを手掛けるサンライズ、アニメイトなど業界の主要企業が名を連ねる。加えて国際交流基金などの政府系機関も協賛しており、官民を挙げたお祭りとして定着してきた。

アニメNYCの展示
アニメNYCの展示

高まる日本アニメ人気

 同様のアニメの展示会は、4日間で35万人が訪れるロサンゼルスの「アニメエキスポ」(Anime Expo)が北米最大だ。アニメ人気は世界で高まり続けており、アニメNYCも今後さらに規模を拡大していくとみられる。

 ニューヨークでは、他に、米東海岸最大のコミックの祭典「ニューヨーク・コミコン」(New York Comic Con)があり、「バットマン」や「スター・ウォーズ」、「アナと雪の女王」など米映画のキャラクターも多く登場する。その点で日本のポップカルチャーに特化したアニメNYCとは異なるが、いずれのイベントでも日本の作品がひときわ存在感を放っている。

 日本のコンテンツの人気ぶりを知るには、街中のコミックショップなどに行けば一目瞭然だ。8月のとある日、そうした商品を扱うマンハッタン・ミッドタウンのお店に寄ってみた。バットマンやスパイダーマンといった洋画のグッズを脇に追いやらんばかりに、「ドラゴンボール」や「NARUTO-ナルト-」などの日本のキャラクターグッズが目立つ場所に陳列されている。

 書棚には英訳された日本のマンガがぎっしりと並ぶ。もちろん、京アニの本も多く取り揃えてある。

お店で売られている「響け!ユーフォニアム」などの英訳版(8月、マンハッタンで筆者撮影)
お店で売られている「響け!ユーフォニアム」などの英訳版(8月、マンハッタンで筆者撮影)

 今年のアニメNYCは11月15~17日の開催。残り2カ月ほど、展示会の成功に向け、そして追悼の京アニの展示に向け、準備が大詰めを迎える。

(※特に表記のない画像は主催者提供)