東京さくら開花 満開・見ごろはいつ?入学式の前に記念写真を!

(写真:アフロ)

3月14日、東京のさくらが開花しました(靖国神社の気象庁の標本木)。平年より12日早く、観測史上、最も早く咲いた去年と同日になります。このあとも引き続き気温の高い状態が続くため、例年より早めの3月23日が満開予想日です。

入学式の前に記念写真を!

見ごろは3月22日から29日ごろの予想です。今年も去年と同様、入学式は葉桜に。。。入学予定のお子さんは、制服を着たり、ランドセルをしょって入学式より前に写真を撮るのが良さそうですよ。

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

さくらと共に写真撮影日和は?

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

今月は平日が撮影日和となりそうです。だた、平日がお仕事の方は、28日(日)が今のところ良さそうです。信頼度が低いので、最新の予報を参考にしてくださいね。

最新の予報→https://sakura.weathermap.jp/area.php?city=Tokyo

満開の定義が今年から一部追加

今まではさくらの花が8割以上咲いた状態を満開としていましたが、今年から追加になったことがあります。

同時に咲いている必要はなく、散った花も含めて8割に達していれば満開とするということが指針に追加されました。

これは主に、西日本で、一斉に8割咲きそろうことが無いときがあるためです。なぜか?温暖化と暖冬の影響でさくらの開花に必要な冬の休眠打破がうまくいかず、花に個体差ができるため、一斉に咲くというよりは少しずつ咲いていくためです。

画像 ウェザーマップ
画像 ウェザーマップ

本来、ソメイヨシノは一斉に咲くのが特徴なんですが、温暖化が進むと、東京のさくらも一斉に咲いて満開になることはなくなる可能性が…そうなるとちょっと寂しい満開になるかもしれません。