日本人がクリスマスにチキンを食べるようになったのは、意外に最近のことだった

(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

日本のクリスマスでは、丸鶏や骨付きもも肉のローストがメインディッシュとして食卓を彩ります。アメリカなどのクリスマスでも七面鳥などの鳥類をローストする国は少なくありませんが、ニワトリのローストチキンが不動のメインを張るという国はほとんどありません。

例えばアメリカの祭礼では、大型の七面鳥――ターキーが主役を張ってきました。現在も11月第4木曜日の感謝祭では圧倒的な定番です。その約1か月後に行われるクリスマスという祭礼でもターキーやハムが饗されてきました。

実は日本のクリスマスにおけるローストチキンを食べる習慣も、明治時代に輸入されたアメリカの七面鳥食文化が土台です。明治から昭和にかけての新聞には以下のように紹介されています。

「西洋の最大祝日たるクリスマス、此の日にクリスマスプッデングと七面鳥を食はなければ人間の仲間入りが出来ぬ」

出典:1911(明治44)年12月18日付朝日新聞

「「ローストターキー」などと云ふ御馳走は降誕祭には無くてはならぬもの」

出典:1912(大正元)年12月25日付朝日新聞

「クリスマスのお祝いに七面鳥が無くてはならないことは、ちょうど日本のお正月のおもちにおけると同じようなもの」

出典:1928(昭和3)年12月10日付朝日新聞

「クリスマスに七面鳥はいふだけ野暮」

出典:1931(昭和6)年12月26日付朝日新聞

当時から「クリスマスには七面鳥」という習慣は国内でも何度も紹介されていました。一方、この当時はクリスマスとニワトリはまったく結びつけられていません。

西洋文化について情報統制のかかった第二次大戦を経て、戦後も「クリスマス=七面鳥」というイメージは色濃く残ります。高度成長期に突入した頃、ようやく"七面鳥幻想"からの脱却が見えてきました。日本が国際連合に加入した1956(昭和31)年、12月9日の朝日新聞に「七面鳥は品不足」という記事が掲載されます。

「クリスマス料理にはつきものの七面鳥が、今年はちょっと品不足気味」

「一番お得意先だったアメリカ人が減る一方」

「昨年あたりから生産も下り坂」

「物マネで珍重していた七面鳥も実は日本人のお口には合わない」

当時はサンフランシスコ平和条約発効してから数年が経った頃。アメリカを中心とした連合国の占領が終わり、一部では日本独自の文化を再構築しようという機運も少しずつ高まりつつありました。"脱七面鳥"という空気が漂うなか、日本独自のクリスマス料理が斜め上方向に展開されていきます。

朝日新聞で紹介されたクリスマス料理の変遷を見ると「安いアジを材料に……気早やなXマス料理講習会」(1953(昭和28)年11月29日)というように魚を使ったオードブルが紹介されています。

「クリスマスからお正月「当家流」の接待です」(1971(昭和46)年12月23日)という著名人の年末年始のもてなしスタイルを紹介する記事ではサンドイッチ、駅弁、ライスカレー、スパゲティ、焼肉、おでん、炊き込みご飯、中華料理などが登場するものの、ローストチキンはおろか、鶏肉料理も見当たりません。

それもそのはず、日本でブロイラーの生産が始まったのは1950年代中頃のこと。現代ではリーズナブルな食肉というイメージがある鶏肉ですが、高度成長期までは鶏肉だって高嶺の花。1960年の鶏肉の生産量はわずか7万5000トンですから、鶏肉も含めた肉自体が希少だったのです。ちなみにそれから60年近くが経った2018年、鶏肉の生産量は国産だけで160万トンと20倍以上になっています。

潮目が変わったのは1970年代のこと。1970年にケンタッキー・フライド・チキンが大阪に実験店を出店。フライドチキンだけでなく、ローストチキンを食べる習慣もその頃から徐々に定着。1980年前後に「クリスマスチキン」が定着したということのようです。

当時、ケンタッキー・フライド・チキンの店長が「10年くらい前から、七面鳥の代わりにチキンがよく売れるようになった」(1989年12月25日朝日新聞栃木県版)とクリスマスチキンの人気を証言しています。

日本人と肉の付き合いは、明治維新で肉食が解禁されてから、まだ150年ほどに過ぎません。とりわけ生活者がクリスマスに鶏肉を調理するようになって、まだ40年ほどしか経っていないのです。クリスマスチキンに象徴されるように、日本の家庭における鶏肉の調理はまだまだ伸びしろがあるはずです。

というわけで、今回は日本人とクリスマスチキンの関係について考えてみました。次回更新は明日の24日、「オーブントースターでできる、骨付き鶏もも肉の本格ローストチキン」のレシピを紹介します。

東京都武蔵野市生まれ。食専門誌から新聞、雑誌、Webなどで「調理の仕組みと科学」「大衆食文化」「食から見た地方論/メディア論」などをテーマに広く執筆・編集業務に携わる。テレビ、ラジオで食トレンドやニュースの解説なども行い、食にまつわるコンサルティングも。著書に『大人の肉ドリル』『新しい卵ドリル』ほか。共著のレストラン年鑑『東京最高のレストラン』(ぴあ)審査員、『マンガ大賞』の選考員もつとめる。経営者や政治家、アーティストの書籍やWeb企画など多様なコンテンツを手がけ、近年は「生産者と消費者の分断」、「高齢者の食事情」などにも関心を向ける。日本BBQ協会公認BBQ上級インストラクター

有料ニュースの定期購読

食とグルメ、本当のナイショ話 -生産現場から飲食店まで-サンプル記事
月額550円(初月無料)
月2回程度
食のブランド化と多様化が進むなか、「安全」で「おいしい」食とは何か。生産地からレストランの最前線まで、食にまつわるすべての現場を巡り、膨大な学術論文をひもとき、延々と料理の試作を繰り返すフードアクティビストが食とグルメにまつわる奥深い世界の情報を発信します。客単価が二極化する飲食店で起きていること、現行のA5至上主義の食肉格付制度はどこに行くのかなどなど、大きな声では言えない話をここだけで話します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    【現地レポート】人がいなくなった中部国際空港(セントレア)。新型コロナウイルス影響でレストランも閑散 鳥海高太朗2/18(火) 10:27
  2. 2
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  3. 3
    新型コロナウイルス 国内感染者の発症時期を分析 1月からの"見えない流行"顕在化 楊井人文2/17(月) 18:09
  4. 4
    「島根にすごい町がある」。地域住民が自ら決める人口減少時代の「しくみづくり」 甲斐かおり2/18(火) 11:22
  5. 5
    官邸記者クラブが菅長官に屈する理由、東京新聞・望月記者いじめ2年半―分断越えるため何が必要か 志葉玲2/18(火) 11:49
  6. 6
    「新型肺炎感染者、国内で400人超」報道はミスリード 350人超が船内感染 楊井人文2/17(月) 7:22
  7. 7
    パート、アルバイトなど非正規労働者にも有給休暇はあります!勤務日数に応じて取得できます。 藤田孝典2/18(火) 14:44
  8. 8
    批判殺到の「噛まれたら同性愛感染」映画、問題点は?上映停止を求める声も 松岡宗嗣2/18(火) 6:56
  9. 9
    日本海の大きな渦の周りを寒気が南下も一時的 饒村曜2/18(火) 5:00
  10. 10
    南海トラフ地震臨時情報が出たら海抜ゼロメートル地帯はとうなる? 福和伸夫2/17(月) 7:00