時代は変われど、ニュージーランド学生代表(NZU)はいつも、ラグビーの基本の大事さを教えてくれる。昔ほどビッグネームがいるわけではないが、パスやボールのもらい方ひとつとっても、スキルが高い。

GW初日。好天に誘われて、秩父宮ラグビーをぶらり、訪れた。NZUが4年ぶりに来日し、初戦を関東学生代表と戦った。チームの全体練習は日本に到着してからの2日だけだったという。いわば、ぶっつけ本番。関東学生とて似たような状況だったのだろうが、だからこそ、個々の技術の差がでた。

前半は19-14の互角の展開ながら、NZUが後半には4トライを重ね、43-14と圧勝した。両チームの差は、簡単にいえば、「ボールポゼッション(保有率)」の差である。ボールを持つと、ミスをせず、当たって、リサイクルして、つないでいく。

サイズやフィジカルの差はともかく、「ボールキャリアー」がボールを確実に生かしていく。攻めはシンプル。いやらしくもない。関東学生のタックルの雑さもあろうが、ボディーコントロールとハンドリングがうまく、芯をはずして相手にあたっていくのである。

だから、関東学生は力で圧倒されたとは感じない。むしろスクラムでは圧力をかけた。主将を務めたフランカー金正奎(早大)は言う。「ディフェンスはしつこくいけたと思います。そんなにやられている感じはないけど、フィジカルの強さでこられて、ちょっとずつ押し込まれてしまいました」と。

確かに関東学生はタックルもしつこくいったのだけれど、全体的に少し頭が落ちていたと思う。だから、タックルをかわされる。ずらされる。顔を上げて、踏み込むのは、タックルの基本であろう。そのほか、パス、キック、フォロー、サポート、ブレイクダウン、戻り…。メンタルの差もあろうか。

もっとも、光るプレーも随所にあった。プロップ榎真生(NEC)の突進、SO小倉順平(早大)の的確なキック、WTB小原政佑(東海大)のパワフルなラン…。

NZUの基本プレー、日本の若い力の可能性を見るのはオモシロい。なのに、なぜ、観客は「1111人」なのか。寂しいじゃないの。NZUは4月30日にU20日本選抜(東京・江戸川陸上)、5月4日には関東代表(秩父宮)と戦う。