6月28日。東京・将棋会館において第35期竜王戦決勝トーナメント▲佐々木大地七段(5組優勝、27歳)-△伊藤匠五段(6組優勝、19歳)戦がおこなわれました。

 佐々木七段先手で、戦型は相掛かり。角交換のあと互いに自陣に角を打ち合って、力のこもった中盤戦が続きました。

 100手を超えてもなお、形勢の針はどちらにも大きく傾かず、ほぼ互角の状態が長く続きます。

 佐々木七段は馬(成角)で伊藤五段の飛車を追いました。その手順を繰り返せば、千日手の可能性も生じてきます。

 112手目の時点で、持ち時間5時間のうち、残りは佐々木30分、伊藤14分。佐々木七段は手を代えて、千日手を選びませんでした。しかしそのあたりから、形勢は伊藤五段が次第にリードしていきます。

 下段の佐々木玉に対して伊藤五段は上から押していく、理想的な寄せ形を作ります。一方で伊藤玉は銀冠の堅陣が残ってすぐには寄らない形。最後は佐々木七段が攻防ともに見込みなしと見て、投了。22時28分、132手での終局となりました。

 熱戦を制して勝ち上がった伊藤五段。このまま波に乗って「竜王戦ドリーム」をつかむことができるでしょうか。次戦は大橋貴洸六段(4組優勝、29歳)と対局します。