10月26日。東京・将棋会館において第71期ALSOK杯王将戦・挑戦者決定リーグ▲永瀬拓矢王座(29歳)-△豊島将之竜王(31歳)戦がおこなわれます。

 本リーグ、最終戦は一斉におこなわれますが、途中までの進行は各棋士によって多少のバラつきがあります。現在は羽生善治九段がすでに4局を指し、3勝1敗で走っています。

 現在までまだ1局の永瀬王座。1回戦では羽生九段に勝ちました。

 豊島竜王は広瀬章人八段に負け。糸谷哲郎八段に勝ち。羽生九段に負け。3局指して現在1勝2敗です。

 豊島竜王は本局で敗れると3敗目となります。過去に4勝2敗で挑戦権を獲得した例はありますが、3勝3敗では1度もありません。

 両者は前期リーグでともに5勝1敗。プレーオフで挑戦権を争い、永瀬王座が勝ちました。

 両者はちょうど1週間前の10月19日、A級順位戦で戦い、豊島竜王が勝っています。

 両者の過去の対戦成績は8勝8敗2持将棋で五分です。

 永瀬王座の今年度成績は18勝11敗(勝率0.621)です。

 豊島竜王の今年度成績は16勝14敗(勝率0.533)です。