10月1日。東京・将棋会館において第71期ALSOK杯王将戦・挑戦者決定リーグ▲羽生善治九段(51歳)-△永瀬拓矢王座(29歳)戦がおこなわれます。棋譜は公式ページをご覧ください。

 羽生九段は1996年2月14日、25歳のときに奇跡の七冠同時制覇を達成。そのとき、最後に獲得したタイトルが王将位でした。

 以来、2009年度までに王将位は通算12期獲得。永世王将の資格を得ています。

 羽生九段が直近で王将戦七番勝負に登場したのは2015年度です。(郷田真隆王将に挑戦して2勝4敗で敗退)

 羽生九段のタイトル通算獲得数は99期。あと1期で通算100期となります。

 各棋戦で好成績をあげ続ける永瀬王座。王将リーグは意外なことに、前期が初めてでした。リーグに入るだけでも大変という一例でしょう。

 永瀬王座は初参加のリーグで5勝1敗の好成績をあげ、プレーオフも制して挑戦権を獲得しています。

 七番勝負では渡辺明王将に2勝4敗(1千日手)で退けられています。

 永瀬王座は今期、順位1位で再びリーグを戦います。

 羽生九段と永瀬王座は過去に14回対戦し、羽生4勝、永瀬10勝です。

 昨年のリーグでは永瀬王座が勝っています。

 羽生九段の今年度成績は4勝10敗(勝率0.286)です。

 テレビ対局の結果をのぞいて、現在明らかになっている記録上では6連敗中。これは2016年に記録した最多連敗数に並んでいます。

 過去35年度にわたって勝ち越しを続けてきた羽生九段。今年度はどうなるでしょうか。

 永瀬王座の今年度成績は15勝10敗(勝率0.600)です。