9月20日。東京・将棋会館において第80期順位戦B級1組5回戦▲藤井聡太三冠(19歳)-△木村一基九段(48歳)戦がおこなわれています。

 藤井三冠先手で、戦型は相掛かり。木村九段が決断して飛車を切ったのに対して、藤井三冠は木村陣にと金を作り、大きく優位に立ちました。

 藤井三冠の公式戦通算勝率は0.839(239勝46敗)です。

 順位戦に限ればなんと0.955(42勝2敗)。これだけの強者を相手に不利になれば、心が折れそうなところにも思われます。そしてあきらめてしまうと、将棋は簡単に負けてしまうようです。

 しかし百折不撓の木村九段は耐えて崩れません。決め手を与えず、逆にじりじりと差を詰めていきました。

 ABEMAの「勝率」表示は一時期、藤井74%でした。しかし藤井三冠が55手目を指した時点では53%。これはもう、勝敗不明といえる数字です。

 本局は最後、どのような結末を迎えるのでしょうか。

 本日おこなわれた将棋日本シリーズJTプロ公式戦2回戦▲糸谷哲郎八段-△永瀬拓矢王座戦は、永瀬王座が盤石の強さを見せ、92手で勝ちました。

 藤井三冠は25日におこなわれる千田翔太七段戦で勝つと、準決勝で永瀬王座と当たります。

 木村九段はあさって22日、王座戦五番勝負第3局で永瀬王座と対戦します。