9月13日。藤井聡太王位・棋聖が叡王を獲得しました。

 

 史上最年少三冠誕生でますます盛り上がる将棋界。記録部門に目を転じてみると、こちらでも藤井三冠がトップを走っています。

 藤井三冠の今年度成績は31局を指して26勝5敗(勝率0.839)です。

 竜王戦5組のみで対局をしている桐山清澄九段、藤倉勇樹五段(いずれも今年度1勝0敗)をのぞけば、藤井三冠は勝率1位。実質的に記録4部門でトップに立っています。

 藤井現三冠のデビュー以来4年連続勝率8割超えも、信じられないような成績でした。

 そしてタイトル複数冠を保持する5年目も現在のところ、8割を超えて勝ち続けています。これまでの将棋界の常識をはるかに超え続ける、規格外の存在というよりなさそうです。

 藤井三冠は休む間もなく、17日に斎藤慎太郎八段(棋王戦3回戦)、20日に木村一基九段(B級1組)と、強敵を相手に重要な対局が続きます。

 記録部門のトピックとしては、宮田利男八段門下の新鋭3人がランクインしています。

本田  奎五段(24歳)15勝3敗(0.833)

斎藤明日斗四段(23歳)19勝7敗(0.731)

伊藤  匠四段(18歳)17勝6敗(0.739)

 基本的にいつの時代にあっても、記録部門のランキング上位には若手棋士の名が多く並びます。その中にあって、48歳にしてトップクラスで戦い続ける木村九段(15勝8敗)の名が目を惹きます。木村九段は現在、王座戦五番勝負で永瀬拓矢王座に挑戦中です。