7月25日。東京都千代田区、江戸総鎮守・神田明神において第6期叡王戦五番勝負第1局▲藤井聡太二冠(19歳)-△豊島将之叡王(31歳)戦がおこなわれました。棋譜は公式ページをご覧ください。

 9時に始まった対局は藤井二冠先手で角換わりに進みます。序中盤はそれほど差がつかず、終盤に入って藤井挑戦者がスパート。最後は藤井挑戦者が豊島玉を詰ませました。終局は18時11分。結果は95手で藤井挑戦者の勝ちとなりました。

 藤井挑戦者は幸先よく先勝。あと2勝で初の叡王位獲得となります。

 第2局は8月3日、山梨県甲府市、常磐ホテルでおこなわれます。

 藤井挑戦者は今期、棋聖位を防衛。王位を保持したまま叡王を獲得すれば、史上最年少19歳で三冠同時保持を達成します。

 豊島叡王と藤井挑戦者の対戦成績は豊島7勝、藤井4勝。直近では藤井3連勝と巻き返してきました。

 藤井挑戦者の今年度成績は16勝3敗(勝率0.842)となりました。

 将棋界では前人未到の4年連続勝率8割以上を達成した藤井挑戦者。今年度もここまで、おそるべきペースで勝ち続けています。