6月26日。東京・シャトーアメーバにおいて第6期叡王戦挑戦者決定戦・藤井聡太二冠(18歳)-斎藤慎太郎八段(28歳)戦がおこなわれます。

 将棋界八大タイトルの一つ、叡王戦。16人が参加しての本戦トーナメントも、いよいよファイナルラウンドを迎えます。

 両者はともに八段予選を勝ち抜いてきました。

 本戦では、藤井二冠は行方尚史九段、永瀬拓矢王座、丸山忠久九段に勝ちました。

 一方の斎藤八段は三枚堂達也七段、渡辺明名人、佐々木大地五段に勝っています。

 本棋戦では藤井二冠、斎藤八段ともに初の挑決進出です。

 両者は過去に5回対戦。斎藤八段が2連勝したあと、藤井二冠が3連勝を返しています。

 叡王戦では2018年、第4期本戦1回戦で対戦し、斎藤王座(当時)の勝ちでした。

 藤井二冠の今年度成績は9勝2敗(勝率0.818)です。

 もし本棋戦で豊島将之叡王(31歳)に挑戦すれば、王位戦七番勝負とともに叡王戦五番勝負も豊島-藤井の対戦となります。

 斎藤八段の今年度成績は9勝4敗(勝率0.692)です。

 つまり斎藤八段は、名人戦七番勝負で渡辺名人に喫した4敗以外は、すべて勝っていることになります。

 藤井二冠、斎藤八段ともにトップクラスの実力者。そして若さの勢いもあります。豊島叡王に挑戦するのは、はたしてどちらでしょうか。