鬼軍曹・永瀬拓矢王座(28)会心の指し回しで羽生善治九段(50)に勝利 王位リーグ無敗決戦を制す

(記事中の画像作成:筆者)

 4月14日。東京・将棋会館において、お~いお茶杯第62期王位戦・挑戦者決定リーグ白組▲羽生善治九段(50歳)-△永瀬拓矢王座(28歳)戦がおこなわれました。

 10時、羽生九段先手で対局開始。戦型は相掛かりとなりました。

 32手目、端9筋を突き捨てて、先に仕掛けていったのは後手番の永瀬王座でした。飛角交換の代償に9筋にと金を作り、永瀬王座がまずポイントをあげます。

 59手目、羽生九段は手にした飛車を永瀬陣に打ち込み、反撃に出ます。

 対して永瀬王座が端1筋に打った角が強烈な攻め筋でした。羽生陣の要の金と刺し違え、一気に羽生玉後略に踏み込みます。進んでみると、羽生陣の受けは困難に陥りました。

 最後は永瀬玉に詰みはなく、羽生玉は受けなし。18時26分、80手で永瀬王座の勝ちとなりました。

 永瀬王座は会心の指し回しで天王山の一局を制しました。

 永瀬王座はこれで3勝0敗。次戦で佐々木大地五段(2勝1敗)、最終戦で近藤誠也七段(24歳)と対戦します。5連勝で突き抜ければもちろん、無条件で白組優勝となります。

 羽生九段は3勝1敗と一歩後退し「他力」の立場となりました。最終戦では佐々木大地五段(現在2勝1敗)と対戦します。

 羽生九段と永瀬王座のトータルの対戦成績は、これで羽生4勝、永瀬10勝となりました。羽生九段が6番も負け越している棋士は、永瀬王座の他にいません。