山崎隆之八段(39)A級昇級に向け走るか? 松尾歩八段(40)ストッパーとなるか? B級1組11回戦

(記事中の画像作成:筆者)

 1月14日。東京、大阪の将棋会館においてB級1組11回戦がおこなわれます。

 全6局、どれも好カードです。その中でまず注目されるのは大阪で指される▲山崎隆之八段(8勝1敗)-△松尾歩八段(4勝5敗)戦でしょう。

 山崎八段は現在A級昇級争いのトップ。前節では永瀬拓矢王座との大一番を制しました。

 松尾八段は、まずは残留を目指しての戦いです。

 山崎八段、松尾八段は早くから将来のA級候補として名をあげ続けられてきました。

 年齢は松尾八段が1歳上。四段に昇段したのは山崎八段が1年早く、山崎17歳、松尾19歳の時でした。

 若手棋士の登竜門である新人王戦では、山崎八段は2000年、2004年、松尾八段は2001年に優勝を飾っています。

 両者は順位戦ではB級1組まで順調に昇級。しかし現在に至るまで、そこにとどまり続けています。B級1組在籍期間は、山崎八段は13期目、松尾八段は12期目となります。

 山崎八段と松尾八段の過去の対戦成績は山崎11勝、松尾11勝とまったくの五分です。

 山崎八段がB1卒業に近づくのか。それとも松尾八段がストップをかけるのか。熱い一番です。