勝てばプレーオフ進出の可能性あり 11月20日、王将戦リーグ最終戦▲豊島将之竜王-△羽生善治九段

(記事中の画像作成:筆者)

 11月20日。東京・将棋会館において王将戦リーグ最終戦、一斉対局がおこなわれます。カードは以下の通りです。

△永瀬拓矢王座(5勝0敗)-▲広瀬章人八段(2勝3敗)

▲豊島将之竜王(4勝1敗)-△羽生善治九段(4勝1敗)

▲藤井聡太二冠(2勝3敗)-△木村一基九段(0勝5敗)

※佐藤天彦九段(1勝5敗)は全局終了

 現在5勝0敗でトップを走るのは永瀬王座。最終戦の広瀬八段戦に勝てば、6戦全勝で挑戦権獲得です。

 永瀬王座はもし敗れた場合、豊島竜王-羽生九段戦の勝者と5勝1敗で並び、プレーオフを戦うことになります。

 現在は竜王戦七番勝負を戦っている豊島竜王と羽生九段。第4局は羽生九段の体調不良により、延期されました。

画像

 羽生九段は退院後の17日、木村九段に勝って、挑戦権争いに踏みとどまりました。

 豊島竜王と羽生九段は過去に36局対戦。成績は両者ともに18勝で、まったくの五分です。

画像

 昨年の王将戦リーグは羽生九段が勝っています。

 本局の先手番は豊島竜王。一般的には先手番の側がわずかに有利です。ただし両者の対戦では不思議なことに、後手番の側が10連勝中です。後手番の羽生九段がどのような作戦を取るのかも、まず注目されるところでしょう。