将棋八大タイトル戦「叡王戦」メインスポンサーはドワンゴ社から他者に交替 10月29日に第6期詳細発表

(記事中の画像作成:筆者)

 10月20日16時より、東京・ヒューリックホールにおいて第5期叡王戦就位式がおこなわれました。

 豊島将之新叡王(30歳)のあいさつのあと、叡王戦のメインスポンサーはドワンゴ社が今期限りで交替する旨が発表されました。

 スポンサーは誰が引き継ぐのかなど、第6期叡王戦の詳細については10月29日、改めて記者会見の場で発表されるそうです。

 ニコニコ生放送を運営するドワンゴ社は2012年から棋士とコンピュータ将棋ソフトが対決する「将棋電王戦」を主催。2015年からは人間代表の座を争う叡王戦が開始されました。

 人間代表の叡王とコンピュータとの対戦は、2017年で終了します。

 しかし第3期以降も叡王戦は継続され、八大タイトル戦の一つに昇格。竜王、名人に次ぐ序列3番目のタイトル戦となりました。

 これまでのタイトル戦はいずれも新聞社がメインスポンサーでした。そこにIT企業のドワンゴ社が新たにスポンサーとなったことは、将棋史的にも非常に大きなトピックでした。

佐藤康光・日本将棋連盟会長談

来期のですね、第6期の叡王戦に関しまして皆様にお知らせがございます。この第5期までですね、主催いただいておりましたドワンゴ様はですね、今回の叡王戦をもって主催者を交替という形になります。

ドワンゴ様にはですね、夏野社長、山中取締役様をはじめ関係各位の皆様には、この叡王戦では創設の時からですね、大変にお世話になりました。

やはり伝統と格式のある将棋界にですね、常に新しい風を入れていただきまして。また今回のようにですね、豊島叡王、前期の永瀬さんをはじめですね、電王戦世代が本当にいま将棋界を席巻しているという状況もありまして。そういう中、非常にさまざまな形でですね、将棋界に貢献をいただいた。また、発展のためにも貢献をいただいた、というふうに思っております。心より感謝いたします。ありがとうございます。

叡王戦に関しましては今回で、主催の形で一区切りということでございますけども、何かとですね、またお世話になることもあるかと思いますし、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。またドワンゴ社様のますますのご発展を祈念いたします。

この第6期叡王戦の詳細につきましては、10月29日にですね、記者会見をおこないますので、そちらの方でリリースというか、発表をさせていただきます。

簡単ですけども、私の方からのご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

夏野剛・ドワンゴ代表取締役社長談

ドワンゴですね、かれこれ十年、将棋の支援をさせていただきました。電王戦の頃はですね、まだAIと棋士が戦っていただけるっていうことだけで、話題になるようなところから今やですね、それは当たり前になって。

でまた、ネット民の中での将棋人気っていうのがですね、これほどまでに定着するというところまでできたことを非常に誇りに思います。

そしてやっぱり将棋という世界にですね、われわれのような企業が支援をさせていただいているという機会をいただいて、本当にありがとうございました。

十年間やってまいりましたけれども、これからは主催という形ではなくなりますが、しかしながらですね、ネットの世界でも将棋を支えていくという、この動きの中心の中の一社としてですね、ドワンゴ社、引き続きがんばってまいりたいと思いますので、ぜひこれからもよろしくお願いします。そしてユーザーの皆さんも、ぜひよろしくお願いいたします。

本当に今日はありがとうございました。で、これまでもありがとうございました。