永瀬拓矢王座に挑戦するのは渡辺明二冠か? 久保利明九段か? 8月3日、王座戦挑戦者決定戦

(記事中の画像作成:筆者)

 8月3日。東京・将棋会館において第68期王座戦挑戦者決定戦、渡辺明二冠(36歳)-久保利明九段(44歳)戦がおこなわれます。棋譜は公式ページをご覧ください。

 勝者は永瀬拓矢王座(27歳)への挑戦権を獲得します。

 渡辺二冠は過去に王座1期(五番勝負登場3回)。久保九段は挑戦2回の実績があります。

 渡辺二冠は今期本戦で増田康宏六段、行方尚史九段、豊島将之竜王・名人に勝ち、挑決進出となりました。

 渡辺現二冠は準決勝のあと、棋聖戦第4局で藤井聡太挑戦者に敗れ失冠。しかしこの先、名人位を獲得し、さらには王座獲得となれば自身初の四冠達成となります。

 渡辺二冠の今期成績は6勝5敗。直近の名人戦第4局では勝利を挙げています。

 久保九段は二次予選で大石直嗣七段、西田拓也四段に勝って本戦進出。松尾歩八段、飯島栄治七段、大橋貴洸六段を連破して挑決に進出しました。

 久保九段の今期成績は8勝2敗。竜王戦本戦ではベスト4に進出しています。

画像

 王座、竜王と2つのタイトル戦登場となれば、この秋は久保九段の対局をたくさん見られることになります。

 両者の過去の対戦成績は久保16勝、渡辺21勝。

画像

 2011年の王座戦挑戦者決定戦では渡辺勝ちとなっています。

画像

 2011年の王座戦五番勝負で渡辺挑戦者は羽生善治王座(当時)を降し、羽生王座の20連覇を阻止しています。

 2020年の王座戦挑決を制し、永瀬拓矢王座への挑戦権を獲得するのは、はたしてどちらでしょうか。