盤上では甘くない藤井聡太七段(17)盤外では王位戦第2局、棋聖戦第4局とオレンジジュース連投

イラスト:@RindaShogiさん

 7月16日。大阪・関西将棋会館において第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局▲渡辺明棋聖(36歳)-△藤井聡太七段(17歳)戦がおこなわれています。

 戦型は第2局とよく似た形の、急戦調の矢倉となりました。

 10時前。渡辺棋聖は33手目を考慮中に、持参したクーラーバッグから瓶入りのオレンジジュースを取り出して飲みました。

 藤井七段は閉じたままの扇子をくるくるさせたり、目を閉じてうつむいたりしながら、渡辺棋聖の次の手を待ちます。

 10時になり、係の奨励会員が藤井七段の側に、グラスに入ったオレンジジュースを持ってきました。藤井七段はストローをさしてそれを飲みます。

 これは先日の王位戦第2局2日目午後でも藤井七段が採用した手。観る将棋ファンの皆さんからは、すぐにその指摘がありました。

 冒頭の画像は@RindaShogiさんが王位戦を観戦して描かれたものを使わせていただいています。

 対して渡辺棋聖の方には甘いお菓子が出されていました。

 渡辺棋聖は大の甘党として知られています。両対局者の様子を見ていると、糖分を摂取して脳の動力源とし、甘さとはほど遠い指し手を盤上で現すかのようです。

 46手目。藤井七段は26分考えて金を3筋四段目に上がりました。これは渡辺棋聖が3筋を突き捨てた順を逆用しようという構想です。第2局では5筋に上がった金が多くの観戦者の度肝を抜きました。一方で本局の金上がりは、本筋として予想されるところかもしれません。

 渡辺棋聖は歩を打ち込んで桂交換に持ち込みます。攻勢を取っているのは渡辺棋聖。対して藤井七段は2歩得の利を得ました。損得のバランスは取れていて、形勢はほぼ互角のようです。

画像

 藤井七段が50手目を指した局面で、渡辺棋聖は閉じたままの扇子を左手で持ち、喉元に向けるようにして考えます。渡辺棋聖の事前研究はどこまでなされているのか。この先まだしばらく調べてあって、すでに予定は立っているとしても、すぐには指さない方がいい場合もあるかもしれません。

 渡辺棋聖は名人戦での黒いスポーツ用のマスク姿が話題となりました。本局ではずっと白いマスクで通しています。藤井七段もまた同様に、白いマスクをしたままです。

 12時。記録係が昼食休憩の時刻になったことを告げ、両対局者が小さくうなずきます。

 将棋会館での普段の対局は12時0分から40分までが休憩時間です。一方でタイトル戦番勝負の本局では、12時から13時までの1時間となります。