永瀬拓矢叡王(27)に豊島将之竜王・名人(30)が挑む叡王戦七番勝負も6月21日に開幕決定

(記事中の画像作成:筆者)

 5月27日。名人戦七番勝負に続いて叡王戦七番勝負の開幕も発表されました。

 王座をあわせ持つ永瀬叡王に、現棋界の序列トップに立つ豊島竜王・名人が挑むという豪華なカードで、こちらも開幕が待たれていました。

 第1局は6月21日。第2局は7月5日。対局場所や以後の日程などは、今後また発表されるようです。

 それにしても両者はともに、この6月からはすさまじいハードスケジュールとなりそうです。

画像

 永瀬叡王はあと2勝で王位戦の挑戦権を獲得します。

画像

 さらには棋聖戦でもあと2勝で挑戦権獲得です。

画像

 他には竜王戦でも豊島竜王への挑戦権獲得の可能性が残されています。

 一方の豊島竜王・名人は兵庫県尼崎市在住。所属は関西で、ホームは大阪・関西将棋会館です。

画像

 豊島竜王・名人は名人戦七番勝負とともに、やはり王位戦では永瀬叡王と同じ紅組に入り、挑戦権獲得の目を残しています。また現在進行中の王座戦本戦では、あと4勝で永瀬王座への挑戦権を獲得できます。

画像

 将棋界は勝てば勝つだけ忙しくなるのが宿命です。永瀬叡王、豊島竜王・名人、渡辺明三冠、藤井聡太七段といったスター棋士はこの夏、大変なことになりそうです。