新型コロナウイルスの影響で第5期叡王戦七番勝負は開幕再延期決定

(記事中の画像作成:筆者)

 5月4日。緊急事態宣言の延長が発表されました。

 同日、延期されていた第5期叡王戦七番勝負開幕の再延期も発表されました。

 叡王戦七番勝負は持ち時間の設定が1時間、3時間、5時間、6時間と異なります。

画像

 本来であれば、5月16日には1時間の2局がおこなわれる予定でした。ストレートの4局で終わった過去2期には実現しなかった時間設定での対局で、多くのファンが楽しみにしていたところでしょう。

 永瀬拓矢叡王(27歳)は関東、豊島将之竜王・名人(30歳)は関西の所属です。日本各地を回る将棋のタイトル戦は、長距離の移動がともないます。

 また対局者だけではなく、多くの関係者が設営、運営に携わって、対局は進められます。

 現状では残念ながら、対局再延期はやむを得ないところなのでしょう。

 豊島名人に渡辺明三冠(36歳)が挑む名人戦七番勝負の方は、はたしてどうなるでしょうか。

 ところで本年は、世界コンピュータ将棋選手権(WCSC)も中止されました(代わりにオンライン大会が開催されました)。

 WCSCは近年、川崎市で開催されています。関係者の楽しみの一つは、会場から歩いて行けるラーメン店・川崎家に行くことです。川崎家は永瀬叡王のお父さんが営んでいるお店としてよく知られています。

 筆者もまた、川崎家のファンの一人です。早くまた訪れてみたいものです。