永瀬拓矢叡王(27)に豊島将之竜王・名人(29)が挑む叡王戦七番勝負は新型コロナの影響で開幕延期決定

(記事中の画像作成:筆者)

 4月9日。叡王戦七番勝負の開幕延期が発表されました。

 第1局は4月12日、山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」でおこなわれる予定でした。

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する現在の状況では、残念ながら延期はやむを得ないのでしょう。

 先日は名人戦七番勝負の開幕延期も発表されました。

 現在、叡王位に就いているのは王座もあわせ持つ二冠で、充実著しい永瀬拓矢叡王(27歳)です。

 そこに最強の挑戦者として名乗りをあげたのは、現在の将棋界席次1位を占める豊島将之竜王・名人(29歳)でした。

 状況が好転し、誰もが心置きなく対局できる時が一日でも早く訪れるよう、強く望みたいものです。