羽生善治九段(49)大阪に遠征して稲葉陽八段(31)と対戦 4月8日、王位戦リーグ白組

(記事中の画像作成:筆者)

 4月8日。大阪・関西将棋会館において王位戦リーグ白組▲羽生善治九段(49歳)-△稲葉陽八段(31歳)戦がおこなわれます。

 羽生九段は現在2勝1敗です。

 一方の稲葉八段は1勝2敗です。リーグ前局では藤井聡太七段に逆転負けを喫しました。

 羽生九段と稲葉八段の過去の対戦成績は羽生九段7勝、稲葉八段2勝。直近では4月3日、竜王戦1組準決勝という大きな一番を戦い、羽生九段が勝っています。

 先日の竜王戦1組では、稲葉八段が東京に移動しました。今回の王位戦リーグでは、羽生九段が大阪に移動します。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、こうした遠征によって「棋士への感染リスクが高まるのではないか」と危惧するファンも多いのではないでしょうか。

 全国各地を転戦する名人戦七番勝負は、開幕延期が発表されました。

 王位戦リーグ白組は8日に羽生-稲葉戦、9日に阿部健治郎七段-上村亘五段戦、10日に菅井竜也八段-藤井聡太七段戦がおこなわれる予定です。