名人戦七番勝負は4月8日から5月19日に開幕延期決定 新型コロナウイルス感染拡大のため

名人戦で使われる「名人駒」(記事中の写真撮影・画像作成:筆者)

 4月8日・9日におこなわれる予定だった第78期名人戦七番勝負第1局・豊島将之名人(29歳)-渡辺明三冠(35歳)戦は延期が発表されました。

 予定されていた第1局から第3局までの日程は中止。5月19日・20日に予定されていた第4局を第1局として、七番勝負は始められ、その後の詳細などは今後決められるようです。

画像

 現在の実力制名人戦は1935年に開始されました。1940年の第2期七番勝負では、頂点に君臨する名人に対して、予選を勝ち抜いた最強の棋士が挑戦する、現在にまで続くスタイルが確立します。

 戦時中、および終戦後には何度かイレギュラーな運営方式となりました。そうしたいくつかの例外をのぞけば、ほぼ毎年、名人戦七番勝負はスケジュール通りに開催されてきました。日程が延期されるのは、異例のことと言えるでしょう。

 4月8日に予定され、中止された第1局では、山崎隆之八段と千田翔太七段が副立会人を務める予定でした。その両者ともに最近、健康問題で大事を取って対局が延期されています。

 将棋の対局は棋士にとって最も重要な務めです。

 しかし新型コロナウイルス感染拡大が続く中、棋士や関係者の身体にもしものことがあってはいけません。

 名人戦の対局延期もまた、現状では仕方のない決定なのでしょう。