羽生善治九段(49)はなんと4回! 藤井聡太七段(17)は記録4部門同時制覇をこの先何回達成できるか

(記事中の画像作成:筆者)

 2020年4月1日。「将棋大賞」が発表されました。

 最優秀棋士賞は渡辺明三冠(35歳)。それに続く優秀棋士賞は豊島将之竜王・名人(29歳)でした。

 以上は選考による結果です。棋界の頂点を争う両雄の戦績はどちらが優るか。一年を通じてずっと棋界の動向をウォッチし続けてきたファンの方も、予想が難しかったのではないでしょうか。筆者の予想は見事にはずれました。

 藤井聡太七段(17歳)はタイトル戦登場はなかったものの、公式戦成績は53勝12敗(勝率0.815)。記録4部門のうち、勝数と勝率で1位となりました。

画像

 勝率部門ではデビュー以来3年連続1位。しかも史上初の3年連続8割以上を達成したのは、既報の通りです。

画像

 ここでは早くも、レジェンド羽生善治九段(49歳)に追いついたことになります。

 しかしさすがの藤井七段も、まだまだこれからという記録は多く残されています。そのうちの一つは、羽生九段がマークしている記録4部門同時制覇4回です。

画像

 改めて羽生九段の記録を振り返ってみると、途方もないものばかりです。

 藤井七段はフルシーズン参戦1年目の2017年度、73局を戦い61勝12敗(勝率0.836)の戦績を残しました。そして史上最多の29連勝を達成。記録4部門をすべて制覇しています。これもまた、とんでもない記録です。

 もし羽生九段の記録に追いつき、追い越す棋士がいるとすれば、それは藤井七段以外にいないでしょう。