不屈の鬼軍曹・永瀬拓矢二冠(27)持将棋指し直しから合計374手の大激戦を制し王位戦リーグ3連勝

(記事中の画像作成:筆者)

 3月23日。東京・将棋会館において王位戦リーグ紅組・持将棋指し直し局▲永瀬拓矢二冠(27歳)-△佐々木大地五段(24歳)がおこなわれました。22時に始まった対局は24日0時23分に終局。結果は107手で永瀬二冠の勝ちとなりました。

 リーグ中盤の大一番を制した永瀬二冠は3連勝でトップに。佐々木五段は一歩後退して2勝1敗となりました。

鬼軍曹の面目躍如

 ▲佐々木大地五段-△永瀬拓矢二冠の持将棋局は総手数267手でした。

 将棋の対局は平均110手ぐらいで終わることを考えると、持将棋局だけで2局分以上のボリュームがあります。

 ▲佐々木五段-△永瀬二冠の持将棋局は長手数ではあったものの、4時間の持ち時間のうち、佐々木五段は7分、永瀬二冠は2分と持ち時間は残っていました。

 王位戦リーグの指し直し局は、短い方が1時間0分となるように調整されます。本局の場合は両者にそれぞれ58分を足して、永瀬二冠1時間0分、佐々木五段1時間5分となります。

 王位戦リーグのように持ち時間4時間の対局は、夕食休憩が設けられていません。21時30分の終局から指し直しまでわずか30分の休憩時間は、両者にとって栄養補給タイムであったかもしれません。

 22時、持将棋指し直し局▲永瀬二冠-△佐々木五段戦開始。あとはもう対局者だけではなく、記録係、盤側の関係者、そしてネットを通じて観戦するファンも体力勝負となります。

 戦型は角換わり。両者ともにノータイムで駒組を進め、31手目、永瀬二冠はノータイムで仕掛けました。これまでに見られない新手法ですが、時間の使い方からして研究十二分であることをうかがわせます。

 永瀬二冠は歩を突き捨て、勢いよく桂を中段に跳ね出していきます。対して佐々木五段は自然な受けで応じます。永瀬二冠がややポイントをあげたか。あるいはほぼ互角か。両者ともに時間にそれほど余裕がない中、テンポよく戦いは進んでいきます。

 佐々木五段は8筋からの継ぎ歩攻めで反撃します。対して永瀬二冠は強気に応戦。持将棋局に引き続き、またもや息詰まる熱戦となりました。

 永瀬二冠は玉頭上部の戦線を手厚く押し上げ、じりじりとリードを奪っていきます。

 対して佐々木五段は駒台に乗る3枚の桂を連打。桂は錯覚を起こしやすい駒です。永瀬二冠の桂1枚、その他の駒が密集して入り乱れて、深夜の盤上に目が回りそうな図面が出来上がりました。

 しかし永瀬二冠は冷静でした。桂3枚が玉頭に迫って焦りそうなところで、自身の勝ちを冷静に読み切ります。

 最後は佐々木五段が形を作り、永瀬二冠が佐々木玉を詰ませて終局。日付が変わり、持ち時間4時間で始まった対局としては異例の終局時間となりました。

 永瀬二冠は苦しい場面を持ちこたえ、持将棋局に持ち込んで、合計374手の戦いを制しての勝利。棋界の鬼軍曹、面目躍如といったところでしょう。

長手数局を制し続けたタフな木村現王位

 さて長手数といえば、木村現王位のことを思い出さずにはいられません。

 元号が令和に変わった昨年5月1日。将棋界では木村一基九段-菅井竜也七段戦(肩書はいずれも当時)が317手の死闘がおこなわれました。

 両者ともに相入玉を果たした後、1点の駒数をめぐっての争いが延々と続いた後、最後は木村九段が勝っています。

 奇しくもその木村-菅井戦は王位戦リーグ紅組でした。

 木村九段は最終5回戦で新鋭佐々木五段に敗れて4勝1敗。菅井七段も木村九段以外には負けず4勝1敗。両者はプレーオフを戦い、そちらでは207手で木村九段が勝っています。

 木村九段は挑戦者決定戦で羽生九段に勝利。七番勝負で豊島将之王位に挑戦しました。その第5局は285手で木村挑戦者の勝ちとなりました。

 最終的には4勝3敗で豊島王位に勝ち、史上最年長の46歳で初タイトルを獲得しています。木村現王位はその実力に加え、タフな精神と身体によって栄光を勝ち得たということでしょう。