いよいよ年間勝率8割が見えてきた藤井聡太七段(17)デビュー以来3年連続で勝率1位を記録できるか?

(記事中の画像作成:筆者)

 将棋界の若き天才、藤井聡太七段(17歳)が相変わらず勝ちまくっています。最近負けたのはさていつだったかとさかのぼってみれば、11月19日、挑戦者決定戦となった、王将戦リーグ最終局でした。

 藤井七段にとっては大逆転負けでタイトル初挑戦を逃した、とてつもなく痛い敗戦でした。しかし藤井七段はそこから崩れることなく、また勝ち続けてきました。

 3年連続優勝を目指す朝日杯では、ベスト4に進出しました。

 先日は竜王戦3組1回戦の勝利。デビュー以来の竜王ランキング戦連勝記録を17に伸ばしています。

 また同時に、今期2度目の8連勝もマークしました。今期連勝記録1位は永瀬拓矢二冠の15連勝で、それにどこまで迫れるかも注目です。

 今期の勝率ランキングは最近まで、渡辺明三冠がトップを走ってきました。しかし渡辺三冠のポジションともなると、相手は強敵続き。1月には竜王戦1組、王位戦予選決勝、朝日杯1回戦、王将戦第2局で敗れ、勝率は8割を切って、やや落ち着いてきました。

 渡辺三冠に変わって1位に浮上したのが、藤井七段です。

画像

 現在は38勝10敗(0.792)。あと2連勝で8割というところまで来ました。

 勝率部門は例年、勢いさかんな若手棋士がおおむね上位を占めます。そうした中でデビュー後、フルシーズンで戦うようになってから4年連続で勝率1位という、図抜けた成績を残した新鋭棋士がいました。それが羽生善治現九段です。

画像

 藤井七段が羽生九段の4年連続勝率1位という記録に追いつけるかどうかも、今後の見どころかもしれません。

 

 羽生九段の長いキャリアの中で、フルシーズンを戦って勝率8割を超えた年度は、上記の表にある1987年度と88年度、そして七冠同時制覇を達成した1995年度の3回です。

 もし藤井七段が今年度8割を超えれば3年連続3回目。これまた途方もない記録と言えそうです。

 藤井七段は今週、1月28日(火)に棋聖戦二次予選で澤田真吾六段、31日(金)に棋王戦予選で今泉健司四段と対戦します。ここで連勝すれば、勝率はちょうど8割となります。