将棋界のレジェンド羽生善治九段(49)は今期A級順位戦で残留できるか?

(記事中の画像作成:筆者)

 2019年度(第78期)順位戦は終盤戦を迎えています。年が明けて、A級は1月4日(土)に7回戦▲稲葉陽八段(3勝3敗)-△渡辺明三冠(6勝0敗)戦がおこなわれます。

【前記事】

勝てばプレーオフ以上確定 A級順位戦6連勝中の渡辺明三冠(35)1月4日に稲葉陽八段(31)と対戦

 トップを独走中の渡辺三冠が、このまま初の名人挑戦に向けて突き進むのでしょうか。

 一方でA級は残留争いも熾烈です。定員わずか10人のA級に名を連ねているのは、いずれも歴戦の強豪です。その中でも羽生善治九段(2勝4敗、49歳)の成績に関しては、多くの人が注目していることでしょう。

画像

 羽生九段の残り3戦は順に、久保利明九段(1勝5敗、44歳)、木村一基王位(2勝4敗、46歳)、佐藤康光九段(3勝3敗、50歳)。これまでに数多く対戦してきた名棋士3人が相手です。

画像

 羽生九段は1993年、22歳でA級に昇級。以来、名人在位9期を含んで、27年連続でA級に在籍しています。

画像

 将棋界の数々の大記録を塗り替えてきた羽生九段ですが、大山康晴15世名人の持つA級以上連続44期(休場1期を含む)という途方もない記録などもまだ残されています。

 羽生九段は19世名人資格者です。過去の永世名人の名人戦・順位戦のクラスの推移を見てみましょう。

画像

 大山康晴15世名人は1992年7月26日、69歳で死去。現役で、A級に在籍したままでした。