ベスト4が出揃った皇后杯準々決勝。”オレンジ対決”を制したのはアルビレックス新潟レディース(3)

新潟Lの攻守を牽引した上尾野辺めぐみ(写真は12月上旬の代表候補合宿時)

 12月17日に行われた皇后杯準々決勝、アルビレックス新潟レディース とAC長野パルセイロ・レディースの一戦は、新潟Lが2-0で勝利し、ベスト4に進出した。

 試合後の選手コメント(新潟L)。

ベスト4が出揃った皇后杯準々決勝。”オレンジ対決”を制したのはアルビレックス新潟レディース(1)   (2)

【選手コメント(アルビレックス新潟レディース)】

MF 上尾野辺めぐみ

ーー立ち上がりから中盤以降にかけて、流れを引き寄せたきっかけをどう感じましたか?

(序盤は)ちょっとしたパスのズレが多かったのですが、時間が経つにつれて我慢強く、スリッピーなグラウンドに慣れていったことが大きかったと思います。 やりづらさはあったのですが、中盤でボールを失わないようにすることを意識して、変に持ちすぎたり、トラップが大きくならないように、(ボールを受けたら)はたいてどんどん前に出て行くことを意識していました。

ーー守備で意識していたことはどのようなことでしょうか?

(相手の)ディフェンスラインを上げさせないように意識していました。相手は前へ前へという意識が強いので、一人で奪うというよりは、連動することを心がけていました。(マークを)はがされても、次の選手が取りに行けていましたね。

ーー新潟は皇后杯で過去に3度準優勝していますが、リーグ戦の順位が振るわない中でも皇后杯で力を発揮できるのはなぜですか?

なぜでしょうね(笑)ただ、リーグの後半から上がっていくというイメージは強いです。勝ち続けていることが自信になっていますし、その中で皇后杯を迎えられていることが大きいと思います。

ーー今年の皇后杯のタイトルへの意気込みはいかがですか?

去年も悔しい思いをしていますし、今日の試合は絶対にものにしたかったので、今日勝てたことで次の試合に勢いを持って臨めるのではないかと思います。

MF 八坂芽依

ーー試合を振り返っていただけますか?

今シーズン勝てていなかった相手に勝てたことが嬉しいですし、頌さん(山田頌子)とか、(小金丸)幸恵さんが引退する試合もかかっている中で、自分自身がやれることはやれたと思いますが、課題も出ました。一週間後に備えてしっかりコンディションを整えたいです。

ーー相手がプレッシャーをかけてくる中で、どのようなことを意識していましたか?

前半は(プレッシャーに)押されて、カウンターもうまく行っていなかったのですが、後半は自分たちがボールを持てる時間帯も増えました。相手に合わせず、自分たちのペースでサッカーができたことが一番良かったです。

ーーご自身のプレーの手応えはいかがですか?

なかなかメグさん(上尾野辺めぐみ)と合わせられなくて、シュートを打てなかったのは悔しいです。自分がもっと積極的にプレーすれば、メグさんたちのプレーとも合ったとも思うし、そこは自分の課題ですね。

ーー今季を通じて、左サイドで主導権を持ってプレーすることへの自信もついたのではないでしょうか?

そうですね。年上の方たちが自信を持たせてくれた部分がありますし、感謝しています。その分、試合に出られていない選手がいるので、その人たちの分も胸を張ってプレーしたいですね。来シーズンは3年目になりますし、今年1年を通じて試合に出られた経験を活かして、もっと点を取れる選手になりたいです。

GK 福村香奈絵

ーー横山選手のシュートに対しては、どのようなことを意識していましたか?

遠目からでもどんどん狙ってくる選手で、ドリブルも上手く、味方を使って自分でゴールまで切り込んでいく力もあって得点能力に関してはとても高い選手なので、横山選手がボールを持ったらどの位置からでも真っ先にゴールを守ることを優先しようと頭に入れていました。ディフェンスもフォワードも、横山選手をフリーで持たせないようにしっかり対応して、コースも限定できていたので、無失点で抑えられたと思います。

ーー体のキレを感じていましたか?

試合は結構久しぶりだったのですが、(小金丸)幸恵さんが出ても自分が出ても、最高のパフォーマンスができるように2人とも準備しているので、しっかりパフォーマンスを出せる自信はありました。

ーー次は日テレ戦ですが、どのような戦いをしたいですか?

本番では練習でやっていることしかできないので、日頃の練習が大切です。これまで日テレ戦で勝てている時は、無失点で1点差で勝っているので、まずは失点しないことが何よりです。日テレの攻撃陣は速くてパスワークもあって、上手い選手が多いので、今日のように全員でハードワークできるような声がけをして、いつも通りにプレーできれば、前回の皇后杯のように、延長戦でも粘り強く勝ちに結びつけられると思います。

(4)【監督・選手コメント(AC長野パルセイロ・レディース)】

に続く