台風18号発生 今週後半~来週前半にかけて北上

台風18号の予想進路図(30日午前3時)

29日午後、台風18号が発生しました。今月、5個目の発生です(平年4.8個)。今週後半~来週前半に、日本付近に北上するおそれがあります。

進路は3パターン

台風18号が、「北上する」という可能性は、高くなっています。

ただ、今年の台風の中では、発生時点で最も、進路が定まっていない部類の台風です。

沖縄の南へ進む、本州付近へ接近、本州に近づかず東へそれる…概ね3通りのパターンにまだ予測がバラついています。

■最新の台風予報:http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

しばらく上空の風が弱い地域を進む

一般的に、夏台風は迷走しやすく、秋台風は夏に比べると進路が読みやすいとされています。台風を流す上空の風が、夏より秋のほうがはっきりするためです。

ただ、今回の台風18号は、グアムなどのマリアナ諸島よりさらに遠い所からやってきて、しばらく上空の風がはっきりしない地域を進みます。進路が固まるまでに、あと2~3日はかかりそうです。

派手な情報ほど冷静に

ネット上では、海外の台風予報やシミュレーションデータを、気象予報士でなくても見ることができ、SNSなどでは「台風直撃」のような派手な情報が、そうなる確率が低くても、拡散されていきます。

情報を選ぶのは、もちろんみなさんですが、最近はそういった情報が紛れているということも知っておいてください。

どういった情報なら、煽りすぎず、油断が生まれないか。

言葉一つの選択にいつも悩みますが、気象情報が様々なルートで広がる今、多くの人が見る場所での気象情報が、ますます重要になってくるんだろうなと、ぼんやり感じています。

■9月に台風発生が続いた理由→ 『今年の台風、8月は統計史上最少 9月は多く?