「日本女医会」が3・11甲状腺がん子ども基金に寄付

崎山・基金代表理事からの感謝状を手に日本女医会の前田佳子会長(右)(筆者撮影)

 「日本医師会よりも歴史が古い、(日本における女性医師第一号の)荻野吟子からはじまった会なんです。このメンバーのところに(甲状腺がんの子ども達が相談に)行けるというのが、私の夢だったんです」と語ったのは青木正美医師だ。

 青木医師は、「3・11甲状腺がん子ども基金」(以後、「基金」)の顧問で、47都道府県に支部のある「日本女医会」の東京都支部連合会の副会長でもある。

 今年4月からは同支部連合会長の渡邉弘美医師を誘って、共に基金の療養費給付事業「てのひらサポート」の電話相談(★)も受けている。

青木正美医師(7月18日筆者撮影)
青木正美医師(7月18日筆者撮影)

 「東京支部でやっているなら、お手伝いするわと、日本女医会か基金に寄付をくださることになった。」(青木医師)

「心細い思いをしないように」

 7月18日には日本女医会東京都支部連合会が納涼会に合わせて、東電事故以来、甲状腺検査を行ってきた牛山元美医師(基金顧問)を招いて「原発事故後の福島の健康問題-甲状腺がんについてー」と題する講演会を開催した。

 また基金の崎山比早子・代表理事からは、日本女医会(会長:前田佳子医師)に寄付に対する感謝状が手渡された(冒頭写真)。

日本女医会メンバーらを前に講演する牛山元美医師 (7月18日筆者撮影)
日本女医会メンバーらを前に講演する牛山元美医師 (7月18日筆者撮影)

 日本女医会の会員は全国に1234名(2017年3月31日現在)。基金とつながりができることの意義を青木医師はこう語った。

 「今までは、(一部の医師を除くと)全国にいる関心がある有志の医師たちだけが甲状腺検査などで関わってきました。でも日本女医会が基金とつながることによって、いろんな連携が可能になるかもしれない。今日は、初めてお話(牛山先生の講演)を聞いてもらう日なんです」

 青木医師は、「患者さんは『相談して、受け止めてくれるかしら』と不安になる。そんな心細い思いをしないように」、違った科の医師同士のつながりができることの重要性を強調する。甲状腺以外でも気になることについて相談しやすいネットワークづくりの一歩になるのではないかという考えだ。

(★)療養費給付事業「てのひらサポートの電話相談の対象は、給付を受けた本人・家族。こころとからだに関する相談を毎月2回(土日)、完全予約制で連絡の上、要調整(0120-966-544)。

【関連配信】

次の組閣で求められる環境大臣:「誰」ではなく「何」が急務か(まさのあつこ)- Y!ニュース