G7サミットに関する共同通信社の配信記事に添えられた写真の説明文が「記念撮影を終え手を振る菅首相」であるのに、勝手に「各国首脳に無視される菅首相」に変え、ツイッター上で拡散する事案が問題となっている。

 この写真は、各国首脳が並んで記念撮影に応じ、取材陣に笑顔で手を振ったり親指を立てるジェスチャーをしたりして移動し始めたあと、ワンテンポ遅れて一人だけ右手を振る菅義偉首相の姿をとらえたものだ。

 その意味で、この写真に対する「各国首脳に無視される菅首相」という説明文は事実に反する。

 菅首相の名を挙げ、あるいは共同通信社の配信記事であるかのように装ってツイッター上で拡散していることから、両者に対する名誉毀損罪が成立する。共同通信社の業務を妨げたということで、偽計業務妨害罪も成立するだろう。

著作権法違反による立件例も

 ただ、最も問題となりそうなのは、こうした二次創作に伴う著作権の侵害だ。不特定多数の者が閲覧するツイッター上で拡散することは、私的使用の範囲から外れるので、著作権者である共同通信社の許可が必要となるからだ。

 著作権者に無断でこうした二次創作を行えば、著作権の一つである「翻案権」の侵害にあたる。勝手に内容を変えることも、著作権者が有する「同一性保持権」の侵害になる。

 過去にも、Yahoo!ニュースが取り上げた共同通信社の配信記事であるかのように装い、「中国軍 沖縄に侵攻」という虚偽のニュースをネット上で公開した男が著作権法違反で逮捕され、罰金50万円に処された例がある。共同通信社とヤフーが警視庁に被害届を提出していたからだ。

 元ツイートやアカウントなどを消しても、すでに関係者がキャプチャー画面を保存しているはずだ。警察の手にかかれば、犯人もすぐに特定される。共同通信社が毅然とした態度を示すか否かが「運命の分かれ目」となるだろう。(了)

(参考)

・共同通信社「首相、G7で五輪開催表明」が改変前のオリジナル記事