「カズキやんな」勘違いした女性と暗闇で… なぜ性犯罪の成立が否定された?

(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 未明に面識のない女性宅に忍び込み、暗闇で知人だと勘違いした女性と性交に及んだ男の裁判で、大阪地裁は準強制性交罪の成立を否定し、住居侵入罪で懲役8ヶ月とするにとどめた。なぜか――。

どのような事件だった?

 次のとおり、かなり珍しい事件だ。

「判決は昨年12月17日付で…判決などによると、元被告は統合失調症で、2018年8月ごろ…女性が住むマンション前を通った際、『ここやで』と声が聞こえ、運命の人がいると考えた」

「同年9月10日未明、1階の女性宅に無施錠のベランダ窓から侵入。女性が『カズキやんな』と知人の名前を言ったところ、元被告は『カズアキ』と自分の名前を呼ばれたと思い込み、特に返答はせず暗い室内で性交。終了後、女性が勘違いに気付いた」

出典:日刊スポーツ(共同通信社の配信記事)

 男は住居侵入罪と準強制性交罪で起訴されていた。前者は後者の手段に当たるから、刑法の規定により、全体で1罪として取り扱われたうえで、より重い後者の刑、すなわち5年以上20年以下の懲役で処断される。検察側の求刑も懲役5年だった。

 ところが、裁判所は、事件全体の一部である準強制性交罪の成立を否定する一方で、住居侵入罪については認め、男の責任能力も肯定した。そこで、無罪とはならず、懲役8ヶ月の有罪判決が言い渡されたというわけだ。

検察側の主張は?

 ところで、この準強制性交罪は、薬物や欺罔などによって被害者の心神を喪失させたり、抗拒不能にさせ、あるいは被害者がすでに心神喪失や抗拒不能の状態にあることに乗じ、性交に及んだ場合に成立する。暴行・脅迫を手段としていない点に強制性交罪との大きな違いがある。

 「心神喪失」とは、熟睡や泥酔、麻酔酩酊、高度の精神病などのように、精神の障害によって正常な判断能力を失っている状態をいう。また、「抗拒不能」とは、心神喪失以外の理由、例えば恐怖や驚愕、錯誤などによって行動の自由を失い、心理的・物理的に抵抗することができなかったり、著しく困難な状態をいう。

 今回、検察は、男が女性に対して自らのことを知人だと誤信させ、心理的に抗拒不能な状態にさせたうえで性交に及んだとして、準強制性交罪が成立すると主張していた。

 というのも、1957年とやや古い裁判例ではあるが、深夜、夢うつつの女性が犯人の男を情夫だと誤信しているのに乗じ、その女性と性交したという事件について、仙台高裁が準強姦罪(準強制性交罪の前身)の成立を認めていたからだ。

なぜ準強制性交罪は否定された?

 今回も、女性は内心では知人男性との性交に同意していただけで、見ず知らずの侵入犯との性交には同意していなかった。女性が暗闇でこの2人を勘違いしていただけだ。

 ただ、準強制性交罪は故意がなければ成立しない。たとえ被害者が勘違いをしていたとしても、男においてその前提となる事実や真意を認識できていなければ、罪に問うことができない。

 今回、裁判所は、女性の知人と男の名前が1文字違いで酷似しているうえ、「カズキやんな」という女性の呼びかけに対して男が「カズキだよ」と答えておらず、知人になりすましていないという点を重視した。

 すなわち、統合失調症の男は、女性から自分の名前を呼ばれたことでまさしく女性が「運命の人」であり、性交にも応じたと思い込んでいた疑いがあり、自らの言葉で女性を勘違いさせたり、その状態に乗じるといった認識まではなかったのではないか、というのが裁判所の理屈だった。

 よく座学で挙げられる例えだが、被害者が「いや」と言ったことに対し、これを明確に認識したうえで、「実際には『いい』という意味に違いない」と勝手に思い込んだのであればアウトだ。しかし、「いい」と聞き間違えたのであれば、故意が否定される方向に傾くとされる。

 今回も、疑念が残る不可思議な事件ではあるが、男の故意を認めるに足る証拠がないことから、「疑わしきは罰せず」ということで、準強制性交罪の成立が否定された。ただ、かなり特殊なレアケースであることは間違いない。

 検察・弁護双方が控訴しなかったため、すでにこの判決は確定している。(了)

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

有料ニュースの定期購読

元特捜部主任検事の被疑者ノートサンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月3回程度
15年間の現職中、特捜部に所属すること9年。重要供述を引き出す「割り屋」として数々の著名事件で関係者の取調べを担当し、捜査を取りまとめる主任検事を務めた。のみならず、逆に自ら取調べを受け、訴追され、服役し、証人として証言するといった特異な経験もした。証拠改ざん事件による電撃逮捕から5年。当時連日記載していた日誌に基づき、捜査や刑事裁判、拘置所や刑務所の裏の裏を独自の視点でリアルに示す。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。