深夜の駅で泥酔女性の胸を触る男を目撃し通報 それでも警察は真剣に捜査しないという悲劇

(写真:アフロ)

 大阪・京阪京橋駅のホームで泥酔女性の胸を触るなどした男を目撃し、写真撮影して駅員に通報した。しかし、大阪府警の都島警察署は真剣に捜査する気がないようだ。これでは卑劣な性犯罪の撲滅などありえない。

【終電前のホームが舞台】

 事件は2019年7月17日未明、大阪にある京阪電車の京橋駅で発生した。上り方面行きのホームには最終の深夜急行を待つ客らがいたが、三連休明けの平日ということもあってさほど混み合っておらず、まばらの状態だった。

 目撃者の男性は三人がけの椅子の一番右端、二人の女性の横に座って終電の到着を待っていた。目撃者の向かい合わせの位置には目撃者のほうを向いた三人がけの椅子と、それと背中合わせになっている三人がけの椅子があった。

 後者のうち、目撃者から見て右端には女性が泥酔した状態で目撃者に背中を向けて座っており、真ん中の席をあけて一番左端には男が同じく目撃者に背中を向けて座っていた。女性はイヤホンを両耳に付けていた。

 この男は、一つ椅子をあけた自分の右側に座る女性をジロジロと見ていた。そうするうち、この女性は真ん中の椅子のほうに倒れ込み、うつらうつらするような状態になった。

 すると男は、一番左端の椅子から真ん中の椅子にスッと移動し、あたかもこの女性の介抱をするふりをしつつ、女性の肩に右手を回した。そのうえで、この男は、女性の様子を見ながら、その右手を次第に女性の肩から右脇のほうに回し、さらに右胸のあたりを触りだした。

 この二人の前あたりに立っていた中年男性も、この男の様子を見て怪訝そうな顔をした。目撃者は「これは痴漢では」と思ったが、後ろから見ていただけだったことから、椅子から立ち上がってこの二人の前方に回り、男に気付かれないように改めてその挙動を注視した。

 これにより、目撃者の正面左側が女性、右側が男という位置関係になった。

 そうすると、男が引き続き女性の右脇から右胸のあたりを触っていたので、目撃者は気付かれないようにその状況をタブレットで撮影した(画像ファイルのタイムスタンプは2019年7月17日の0時23分)。

 さらに、流れるように男が女性を強引に引き寄せ、無理やりキスまでしたことから、この場面も気付かれないようにタブレットで撮影した(画像ファイルのタイムスタンプは2019年7月17日の0時23分)。

 二人に何らかの人間関係がある可能性も残されていたため、男を取り押さえるといった行動までは躊躇(ちゅうちょ)されたが、次に男は女性のピンク色のカバンに左手を入れて中を探り、IC定期券が入った定期入れをカバンから取り出し、表示されている氏名や発着駅などを確認しだした。

【走って駅員に通報】

 ここで目撃者は、間違いなく「赤の他人」による痴漢、むしろ泥酔して完全に抗拒不能の状態になっている女性に対する準強制わいせつ事件だと確信した。女性にわいせつ行為に対する同意能力がないことなど火を見るより明らかだった。

 ただし、目撃者が一人で男を押さえつけようとしても、男に暴れられたり、逃亡されたりする可能性もあった。そこで、男の身柄を確実に確保するとともに警察に通報するための人を得るため、ホームを脱兎のごとく走り、駅員の男性にすがりつき、「男が酔っ払った女の子の身体を触っています。すぐに来てください」と言って、犯行現場である椅子のところまで駅員を連れてきた。

 すると駅員は、直ちに携帯電話で「痴漢事案です」と連絡し、ほかの駅員らの応援を求めた。

 そのうえで、目撃者は、先ほどの男に対し、「お前はもう終わりや。見とったんやぞ」などと言った。

 男も「あぁ、これでもう終わりですね。すみません」と言って、容疑を認めた。目撃者のほうを見ていたが、多勢に無勢だからか、抵抗する素振りはなく、あきらめた様子だった。

 そのうえで、男が目撃者に決め手は何だったのかと尋ねてきたので、「女の子のカバンに手を入れとったやろ。なんか盗もうとしとるんかと思うて見てたら、女の子のカバンから定期を出してたやんか。完全にアウトや」と言うと、男は再び「すみません」と言った。

 このときも女性は、目が半開きのような状態で朦朧(もうろう)としていた。

 こうして駅員に男と女性を引き渡したが、ちょうど終電が到着したタイミングだったこともあり、目撃者は駅員に断りを入れ、ひとまずこれに飛び乗った。少なくとも客観的な犯行状況はホームの防犯カメラの映像を見れば明らかだと思われたからだ。

【警察への通報状況】

 それでも目撃者は、自宅の最寄り駅に到着後、京橋エリアを管轄する大阪府警都島警察署の代表電話に電話をし、上記のような犯罪を目撃したことを告げ、京橋駅を担当する「京橋交番」に繋いでもらった。

 というのも、こういったケースの場合、駅員が2人を警察に引き継ぎ、警察官が駅の交番で2人から別々に事情を聞くというのが通常の流れだろうと思われたし、まだ2人から事情聴取中のはずだから、目撃状況や証拠写真が手もとにあることなどを伝え、事件処理の際の参考にしてもらおうと考えたからだ。

 なお、まず都島警察署に電話をしたのは、スマホのインターネット検索で調べても都島警察署の代表電話しか分からなかったし、所轄署から交番に電話を転送してもらえるだろうと思われたからだ。

 仮に110番通報をしても、110番ネットワークシステムを通じて担当の都島警察署に伝えられ、そこから無線などで最寄り交番や現場付近のパトカーに連絡が行き、警察官が駆けつけるという迂遠な流れになるだけだし、すでに駅員を通じて警察に通報されているはずだから、二度手間になる。しかも、目撃者は050で始まるIP電話番号しか持っておらず、この番号からは110番通報ができない仕組みになっていた。

 この交番では「マツオ」と名乗る警察官など、次々と電話に出る相手が代わったが、最終的には「タサキ」と名乗る警察官とやり取りすることになった。

 目撃者が電話をした理由は、先ほどのような悪質な事件を目撃し、しかも犯罪の動かぬ証拠となる写真を撮影していたことから、この写真をどうすればよいのか、また、目撃証言が必要なのか、という非常にシンプルな質問をするためだった。

 ところが、驚いたことに、この京橋交番の警察官は、自分のほうは名字の漢字や下の名前、階級などを一切語らないまま、目撃者に対してだけ、氏名や住所、電話番号、職業、勤務先などを矢継ぎ早に尋ねてきた。

 別に隠しごとをするような話でもないので、包み隠さずすべて明らかにしたが、一方で目撃者にはその後のてん末、例えば事件化されたのか否かといったことは何も教えられないという。

 電話でやり取りをした警察官の口ぶりでは2人から話を聞いているとのことで、少なくとも先ほどの性犯罪がこの交番にまで伝わっていることは分かったが、確かに電話で処理状況などを語ることなどできないのはプライバシーの観点から当然だ。

 それでも、目撃者が怒りを覚え、かつ、呆れ果てたのは、卑劣な性犯罪の動かぬ証拠である写真が目撃者の手もとにあると言っており、目撃までし、だからこそ駅員に伝えたと説明しているにもかかわらず、「タサキ」なる警察官がその証拠の収集を一切しようとしなかったからだ。

 それどころか、目撃状況をごく簡単にでも確認しようとすらしなかった。

 彼は最初こそ「必要があれば都島警察署から連絡しますので」と呑気なことを言い、なんとか電話を切りたがっていたが、そのうち「あなたが都島警察署に来てください。ほかにやる仕事があるんで、もうええですかね」とまで言い出した。

 これに対し、「ちょっと待って。僕は目撃者ですよ。現場を離れて申し訳ないと思い、その後の状況がどうなっているのか気になって、夜間だけど電話をしているわけです」「証拠物は僕の手もとにあります。これはもう、廃棄してもいいということですか」とまで詰め寄った。

 そのうえで、改めて「タサキ」なる警察官の名字の漢字や下の名前、階級などを尋ねたが、これまた一切答えようとしなかった。

 被害者の女性は泥酔しており、自分が何をやられたのかまったく分かっていない状態だった。だからこそ、刑法には「準強制わいせつ」という犯罪が規定されているわけだ。

 深夜の事件でもあり、被害者である女性が警察官の仲介で先ほどの男とその場で示談した可能性もあるが、そもそも自分が何をやられたのか分かっていない状態だった以上、被害状況に関する供述能力や示談に応じる能力すら怪しい。これを幸いと、男が犯行状況について矮小化した虚偽の供述をしたり、何もやっていないと否認に転じたかもしれなかった。

 目撃者が撮影した写真、特に男が女性に対して無理やりキスをしている写真を見れば、いかに悪質な性犯罪であるのか、一目瞭然のはずだったし、事件処理の際の心証も大きく変わるはずだった。

 周知の通り、2017年の刑法改正で準強制わいせつ罪は被害者の告訴がなくても起訴可能な「非親告罪」になっている。もちろん、大阪府迷惑防止条例が「卑わいな行為」の一つとして処罰の対象としている痴漢行為も、告訴なしで捜査や起訴が可能だ。

 明白かつ卑劣極まりない性犯罪が現に駅のホームという公の場で発生したにもかかわらず、「深夜だから」「面倒くさいから」といった理由で徹底捜査を尽くす気がないようであれば、その撲滅など絶対にありえない。

 男も味をしめ、また泥酔している女性を狙った再犯に及ぶことだろう。

 いずれにせよ、目撃者が真剣に通報をしても「けんもほろろ」の対応をするのが大阪府警のやり方だ。

 「タサキ」なる警察官とのやり取りのあと、電話を切って思ったのは、「たまたま犯罪を目撃してしまい、わざわざ警察にまで通報した自分がバカだったのかもしれない」ということだ。

 大阪府警は被害者が性被害を訴え出たとしても、「泥酔していたあなたが悪いんでしょ」で終わらせることだろう。実はこの記事の「目撃者」というのは筆者のことだ。暗澹(あんたん)たる思いだ。(了)

(参考)

 京阪京橋駅事務所に確認したところ、駅員は男と女性を警察に引き継ぎ、あとの処理を任せたとのことでした。なお、この件については、てん末を記し、大阪府警察本部に通報しておきました。

1996年の検事任官後、約15年間の現職中、大阪・東京地検特捜部に合計約9年間在籍。ハンナン事件や福島県知事事件、朝鮮総聯ビル詐欺事件、防衛汚職事件、陸山会事件などで主要な被疑者の取調べを担当したほか、西村眞悟弁護士法違反事件、NOVA積立金横領事件、小室哲哉詐欺事件、厚労省虚偽証明書事件などで主任検事を務める。刑事司法に関する解説や主張を独自の視点で発信中。きき酒師、日本酒品質鑑定士でもある。

有料ニュースの定期購読

元特捜部主任検事の被疑者ノートサンプル記事
月額1,080円(初月無料)
月3回程度
15年間の現職中、特捜部に所属すること9年。重要供述を引き出す「割り屋」として数々の著名事件で関係者の取調べを担当し、捜査を取りまとめる主任検事を務めた。のみならず、逆に自ら取調べを受け、訴追され、服役し、証人として証言するといった特異な経験もした。証拠改ざん事件による電撃逮捕から5年。当時連日記載していた日誌に基づき、捜査や刑事裁判、拘置所や刑務所の裏の裏を独自の視点でリアルに示す。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ