アナと雪と歌舞伎町の女王

「アナと雪の女王」が椎名林檎の「歌舞伎町の女王」と語呂が似ている気がしたので、「アナと雪と歌舞伎町の女王」という替え歌を作ってみました。「アナと雪の女王」のあらすじのネタバレが含まれている可能性がありますので、映画未見の方はご注意ください。

アナと雪と歌舞伎町の女王

雪の音を聞く度に 目に浮かぶエルサとアナ

親たちの手を離れ 2人で訪れた雪山

アナは此処の王女様 生き写しの様なエルサ

トロールが手を伸べて 記憶すべてを塗り替えた解決案

十八に成ったあたしを 置いて女王は即位

アナは戴冠式来ていたハンスと暮らすのだろう

「一度栄えし国でも必ずや衰えゆく」

その意味を知る時を迎え足を踏み入れたは雪の城

閉じこもったエルサを憎めど冬は今

女王と云う肩書きを誇らしげに掲げる

女王かばったあたしがなるのは氷だけで

愛情を欲した時にハンスを失うだろう

大吹雪しずめて氷すべて溶かしたなら

其処はあたしの庭 大遊戯場雪の城

今夜からは此の国で娘のエルサが女王