Withコロナ時代に迎えるインフルエンザシーズンはどうなる?

手洗い啓発ポスター(羽海野チカ先生作成 文字は筆者による)

例年、12月頃からインフルエンザの流行シーズンを迎えます。

新型コロナウイルス感染症が流行している状況下でのインフルエンザシーズンはどうなるのでしょうか?

また、私たちがすべきことは何でしょうか?

今年の冬は新型コロナとインフルエンザが両方流行る?

インフルエンザは例年12月~3月頃に流行します。

新型コロナについては現在、季節性の流行は確認されていませんが、「暑くて湿度が高い環境」よりも「寒くて湿度が低い環境」の方が伝播しやすいという報告もあり、夏よりも冬に流行しやすい可能性があります。

つまり、この冬はインフルエンザと新型コロナが同時に流行する可能性があります。

新型コロナとインフルエンザの症状はよく似ている

新型コロナ、かぜ、インフルエンザの症状の違い(オーストラリア政府啓発資料より)◎:頻度高い、◯:よくある、△:ときどきある、×:稀
新型コロナ、かぜ、インフルエンザの症状の違い(オーストラリア政府啓発資料より)◎:頻度高い、◯:よくある、△:ときどきある、×:稀

新型コロナとインフルエンザはどちらも呼吸器感染症であり、症状がよく似ています。

発熱、頭痛、筋肉痛、頭痛、咳といった症状はどちらでも見られます。

一方、息切れ、嗅覚・味覚障害という症状は新型コロナに特徴的と言えますが、必ずみられる症状というわけではないため、症状だけでこの2つの感染症を区別することは実際には難しいことが多いです。

新型コロナとインフルエンザの違い

インフルエンザと新型コロナの違い(doi:10.1001/jama.2020.14661を参考に筆者作成)
インフルエンザと新型コロナの違い(doi:10.1001/jama.2020.14661を参考に筆者作成)

症状はよく似ていますが、それ以外についてはどうでしょう。

まず、感染経路はどちらも飛沫が主であることが共通しています。

重症化しやすい人も、高齢者や基礎疾患のある方というところは共通していますが、インフルエンザでは2歳未満の小児もハイリスクとされます。

潜伏期はインフルエンザが1~4日、新型コロナが2~14日であり、症状の持続期間も典型的にはインフルエンザでは1週間程度で改善するのに対し、新型コロナでは2~3週に及ぶことがあります。

また、新型コロナでは発症する前にも他の人に感染をうつしてしまうことがあり、これは発症後に感染性のピークがあるインフルエンザとの大きな違いです。

新型コロナとインフルエンザ、どちらも疑われた場合の診断は?

前述のように、少なくとも発症してからしばらくは新型コロナとインフルエンザはよく似た症状を示します。

しかし、インフルエンザは致死率0.01~0.1%程度(年間1000万人が罹患、年間1000~10000人が死亡として計算)であるのに対し、新型コロナは数%の方が亡くなる感染症であり、この2つの感染症は決して同等に扱って良い疾患ではありません。

また、治療にはどちらも抗ウイルス薬が使用されることがありますが、インフルエンザはオセルタミビル(タミフル)など、新型コロナではレムデシビルが有効であり、使われるべき薬剤が異なります。

さらに新型コロナではステロイド薬が有効であるとされる一方、インフルエンザではステロイドはむしろ重症化につながる可能性があります。

したがって、この2つの感染症をしっかりと区別し、正しく診断することが重要になってきます。

例年はインフルエンザを疑った場合は症状や周囲の流行状況から検査をせずにインフルエンザと診断してしまうこともよく行われていましたが、今シーズンは新型コロナとの区別のためにインフルエンザの抗原検査を実施することが求められるでしょう。

通常、インフルエンザの抗原検査は鼻咽頭拭い液を採取して行いますが、新型コロナの可能性が少しでもある場合、医療従事者は個人防護具の装着など十分な感染対策を行った上で検査を行う必要があるため、医療現場の負担が増大することが懸念されます。

インフルエンザワクチンの接種はコロナにも良い影響を与えるかもしれない

例年インフルエンザ流行前に、特にハイリスクの方はインフルエンザワクチンを接種することが推奨されています。

インフルエンザワクチンは、もしかしたらですが、新型コロナにも良い影響があるかもしれないという研究も出てきています。

JAMA(米国医師会誌)の記事によれば「65歳以上の高齢者では、インフルエンザワクチン接種をしていた方が、新型コロナによる死亡も減る」という研究が現在投稿され査読されているとのことです。

また、現在冬を迎えている南半球(ブラジル)からは、インフルエンザワクチンの予防接種を受けていた人は、そうでない人よりもインフルエンザだけでなく、新型コロナ感染症による重症化リスク・死亡リスクが減った(死亡率が17%減少)という研究もあります(査読前)。

この原因についてはまだ明らかではありませんが、「BCGワクチンが新型コロナに有効かもしれない」という話と同様に、インフルエンザワクチンが免疫そのものを強化する作用があるのかもしれません。

なおインフルエンザワクチン以外にも、MMR(麻疹・風疹・おたふく)ワクチンやポリオワクチンなどが新型コロナの感染率を減らしたという査読前論文もあります。これも同様に、いわゆる訓練免疫による効果と考えられます。

もちろんインフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザの流行を抑えることが期待されますので、そういう意味でもインフルエンザワクチンの接種は推奨されます。

実際のところ、インフルエンザは冬に流行るのか?

さて、これまでのインフルエンザシーズンのように、今年の冬もインフルエンザは流行るのでしょうか?

Withコロナ時代には、インフルエンザは過去のようには流行らない可能性も指摘されています。

昨シーズンおよび過去のインフルエンザの流行(doi:10.1001/jama.2020.6173より)
昨シーズンおよび過去のインフルエンザの流行(doi:10.1001/jama.2020.6173より)

図は日本における昨シーズンのインフルエンザの流行を過去のシーズンと比較したものです(doi:10.1001/jama.2020.6173)。

昨シーズンは私もインフルエンザの患者さんをほとんど診察していませんが、実際の症例数で見ても明らかに例年よりも少ないことが分かります。

これは、日本国民が新型コロナの感染対策を徹底することによって本来流行していたはずのインフルエンザも減ったのではないかと考えられています。

また現在、インフルエンザの流行シーズンを迎えているはずの南半球でも驚くほどインフルエンザの症例数は少ないようです。

海外でも新型コロナに対する感染対策がインフルエンザの流行に影響を与えているのかもしれません。

やるべきことは大きく変わらない

Withコロナ時代のインフルエンザについて述べてきましたが、結局のところ私たちがすべきことはインフルエンザワクチン接種と、手洗い、屋内でのマスク着用、咳エチケット、というシンプルなものであり、これまでのインフルエンザ対策に、新しい生活様式としてのマスク着用などが加わっただけです。

インフルエンザが実際に流行るかどうかは分かりませんが、過度な安心はせず、各自が感染対策を徹底することが流行の抑制に繋がります。

特にハイリスクの方は今年は必ずインフルエンザワクチンを接種するようにしましょう!

手洗い啓発ポスター(羽海野チカ先生作成)
手洗い啓発ポスター(羽海野チカ先生作成)