MtGOXがBitcoin引き出し再開へ向けた工程を発表

17日の発表を受けて若干反発したMtGOXのBTC相場

Bitcoinの引き出し停止が続いているMtGOXは日本時間の2月17日、近日中にBitcoinの引き出しを再開する見通しが立ったと発表した。同社はBitcoinの全取引を蓄積・分析しているワレット事業者Blockchain.infoの協力を得て、支払記録の改竄を検出できる新たなシステムの構築を進めている。

手順としてはBitcoinの支払記録全て (約3200万件) のインディックスを再作成して新たなNTX ID(取引固有の識別子)を振り直し、(正当であることを確認できた取引について)新たな支払い待ち行列を作成しテストするとしている。解決策の進捗について遅くとも今週木曜までに続報を公表するとしており、実際の払い戻しまではまだ時間がかかりそうだ。

一時220USDまで下げたMtGOXのBTC相場は、この発表を受けて400USDに近い水準まで持ち直したが、依然としてBitstampやBTCeといった他の取引所と比べて6割近くの水準で推移している。先週Londonから駆けつけてMtGOX本社前で抗議していたKolin Burges氏は回答に納得できておらず、17日も抗議を続けている。

なぜ改竄検知にここまで大掛かりな仕組みを必要とするのか、BitStampと比べて事態の収拾に時間がかかっている理由など不明な点も残る。ここ数日、今回のDoS攻撃を受けて未確定の取引や取引重複の扱いについて仕様を見直すなど、Bitcoin自体の改修も進んでいる。

(追記)

17日の発表が技術的な内容に留まったことについて、MtGOXの財務状況を懸念する論調が出始めている。

Mt.Gox運営会社、財務状況に言及せず―ビットコイン引出停止で

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304445404579389412719399956.html

Why Mt. Gox May Be Headed for Bankruptcy

http://www.coindesk.com/mt-gox-may-headed-bankruptcy/