アップル、移動しているような感覚を提供する靴型デバイスの特許を取得

出典:米国特許公報10,945,484

振動や動きによるフィードバックを提供するハプティクス(触覚技術)が、ゲームやVRにおいて没入感のあるユーザー体験を提供する上で重要なのは言うまでもありません。ハプティクスの発明と言うと、デバイス、ウェアラブル、ゲームコントローラー、HMD、椅子、帽子、衣類への適用はすぐ思いつくでしょう。しかし、最近、アップルが靴によるハプティクスにより歩いているような感覚を提供するという発明を米国で特許化しました。さすが「目の付け所」が違うという感があります。

特許番号は、US10,945,484、登録日は2021年3月16日、発明の名称は” Haptic output devices”、実効出願日は、2017年6月28日です。

発明のポイントは靴(あるいは靴下)状のデバイスの内部にアクチュエーターを多数並べて、適切な振動を与えることで、たとえば、デコボコした場所に立っている(あるいは滑っている)ような感覚や摩擦力を受けている感覚等をユーザーに与えるというものです。FPSゲームやVRにおいては効果的かもしれません。

審査経過を見てみると、元々のクレームは「履ける形状のハプティクス・デバイス」というめちゃくちゃ範囲が広いものだったのですが、さすがに進歩性を否定され、実装に近い限定を加えることで、権利化に持ち込んでいます。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2021年3月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事2本)

2021年3月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ