GMのブロックチェーンを活用した非中央集権型地図の特許出願について

米国特許公開公報US20200103233

ブロックチェーンを活用した特許出願、正直、微妙なものが多いですが、米GM(ゼネラル・モーターズ)による、ブロックチェーンを活用した非中央集権型地図の特許出願が公開された(参照記事)ので内容をチェックしてみました。

米国公開番号は、20200103233、発明の名称は、“Decentralized Distributed Map Using Blockchain”、出願日は2018年10月1日です。出願公開であって権利化ではありません。実体審査はまだ着手されていません。

発明のポイントは、自動車にセンサーを設けて周囲の状況をモニターし、地図情報との相違があった場合には、ネットワークにアップロードして分散型の地図情報に反映するというものです。広範囲の地図情報を道路の現状に合わせて更新していくのは大変なので、IoTを活用してできるだけリアルタイムで地図情報を現状に合わせて更新していくというアイデア自体は理にかなっています(と言いつつ、新規性・進歩性には疑義が残ります)。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年4月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事3本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ