中国の新型コロナウイルス治療薬特許に関するニュースはフェイクニュースか?

(写真:ロイター/アフロ)

「【新型コロナ】米国製薬会社、緊急事態の為 効果があると実証された薬の科学式(原文ママ)を中国当局に公開 → 中国、特許登録へ」という記事を読みました。ある程度特許制度に知識がある人なら何かおかしいとすぐに気付く記事です。特許の登録には数年を要しますし、出願してもそれが公開されるまでには1年半かかります。

信頼できそうなソースを探してみると、”China Wants to Patent Gilead’s Experimental Coronavirus Drug” (Bloomberg)、”China lab seeks patent on use of Gilead's coronavirus treatment” (Reuter)あたりが出所のようです。

中国科学院武漢ウイルス研究所(Wuhan Institute of Virology of the China Academy of Sciences)が、米国の製薬会社Gileadが開発したRemdesivirという抗ウイルス薬(元々はエボラウイルス用に開発されたが効果がなく承認されなかったようです)を中国の新型コロナウイルス患者に適用する臨床実験を行なう予定であること、そして、そのアイデアを1月21日に国家知識産権局に特許出願したことは確かなようです(武漢ウイルス研究所自身が公式発表しています)。ということで、冒頭記事は全くのフェイクニュースというわけではありませんでした。ただ、「特許登録へ」というのはちょっと誤解を招く表現で「特許出願した」と書くべきでした(なお、冒頭記事中で引用されているツイートでは「特許登録した」と書いてあり、これは明らかな間違いです)。ついでに書いておくと「効果があると実証された」も不正確で「効果がある可能性がある」にしておくべきでしょう(米国内のある患者に実験的に適用したところ症状が改善したそうですが、偶然かもしれませんので現時点ではなんとも言えません)。

なお、これは用途発明と呼ばれ、製薬の分野ではよくあるパターンです(たとえば、元々は狭心症の薬であったバイアグラに別の用途が発見されたケースなどです)。この場合、薬の物質(および製法)としての特許とは別に特定用途への使用について出願し、特許化することが可能です。この場合でも、元々の物質(あるいはその製法)特許がオーバーライドされるわけではありませんので、物質(製法)特許が有効に残っていれば特定用途への使用のためにはその特許のライセンスが必要です。今回の場合は、Gilead社の特許が有効に残っているので、それが蔑ろにされることはありません。

今回の出願に関してGilead社との契約内容がどうなっているかは不明です(特許化できた場合にはGilead社にライセンスバックするような契約になっているとは思いますが)。ただ、このような人命にかかわる発明については、最終手段として国家の裁量で強制ライセンスしてしまう(特許権による差止権をスルーしてしまう)こともあり得るので、あまり気にしてもしょうがないかとは思います。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  2. 2
    物価上昇観測が強まる。欧米の期待インフレ率が上昇、金属価格の上昇やウッドショックも影響か久保田博幸5/12(水) 8:11
  3. 3
    東京株式市場は続落、日経平均は一時28000円割れ、台湾株の下落に加え、米消費者物価指数への警戒も久保田博幸5/12(水) 15:09
  4. 4
    唐揚げ市場が1000億円超えの急拡大 専門店とスーパー、強味と弱味は?池田恵里5/10(月) 8:00
  5. 5
    マネジメントしなくてすむようになる方法〜口では大事と言っても、実態は多くの企業は採用を軽視しすぎ〜曽和利光5/6(木) 6:55
  6. 6
    「善人」が会社を滅ぼし「悪人」が会社を伸ばすこともある〜本当に組織に貢献する人の見抜き方〜曽和利光5/9(日) 6:55
  7. 7
    「売れ残り」は過去のイメージ 近年増加中の「完成販売」が有利なマンションの特徴は櫻井幸雄5/12(水) 11:00
  8. 8
    「職場に嫌いな上司がいる」は7割以上、なぜ上司にはイヤな人が多いのか遠藤司5/7(金) 7:45
  9. 9
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00
  10. 10
    国の借金1200兆円は誰の借金なのか、それはどのようにして返済されるのか久保田博幸2/12(金) 10:52