コロナウイルス特許の陰謀論について

US7220852特許公報

社会的不安があるときにはそれに乗じたデマ、フェイクニュース、陰謀論が拡散するのはよくあることです。今回のコロナウイルスについても様々な陰謀論が聞かれるようです。これについては、既に、平和博氏が詳細なまとめ記事を書かれています。たいへんよくまとまっているので、ここでは繰り返しませんが、コロナウイルス特許に関する陰謀論についてちょっとだけ追加します。

上記記事には以下の記載があります。

「Qアノン」(栗原注:トランプの陰謀論を流布しているグループ)の支持者とみられるフェイスブックユーザーが1月22日に、こんな投稿をしている。

(以下引用)

“新型”コロナウイルスの特許が22日、今日、期限切れとなった..そこに突然の大流行だ。さらに摩訶不思議、すでにワクチンは用意されている..そして今やメディアは検疫を言い立て、恐怖心を煽る。自分に問いかけてみろ:奴らがそんなに受けさせたがっているワクチンには何が入っているのか?

(引用終り)

このユーザーは、特許情報をまとめたグーグルのサイト「グーグルパテント」の、コロナウイルス関連の特許ページの画像を投稿に張り付けていた。

この特許が存在している(いた)のは事実です。特許番号はUS7220852、発明の名称は”Coronavirus isolated from humans”です。出願人はCDC(Centers for Disease Control and Prevention)で、その後に米国政府に譲渡されています(陰謀論者が好きそうな展開です)。出願日は2004年4月12日です。なお、ウイルスの種類としては今回流行のウイルスではなく、2003年のSARSの際のウイルスだそうです。

そもそも、ウイルスは特許になるのでしょうか?既に世の中に存在している微生物でもそれを隔離して特定することができれば、特許の対象になります。明細書上に遺伝子配列を記載して内容を特定します。言うまでもなくワクチン開発等、産業上の利用の可能性があるので、感染症のウイルスだから特許化できないということはありません。

では、「特許が(1月)22日、今日、期限切れとなった」の部分はどうでしょうか?これは、Google Patentの仕様から生じる勘違いです。

おそらくこの投稿主は以下の画像(Google Patentsの表示の一部)の赤丸部分を見たのでしょう。この部分はダイナミックな表示になっており、<今日の日付>-<今日時点でのステータス>が表示されます。以下の画像で2020-01-27のステータスが表示されているのは、私が1月27日に閲覧したからです。ステータスは料金未払いによる失効ですが、実際に失効したのは2019年6月24日です。1月22日に閲覧すれば「1月22日時点では失効中です」というステータスになります。これを知らない陰謀論好きの人は「今日失効!偶然とは思えない!何かの陰謀ガー」という話になってしまうわけです。

画像

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ