ヘンリー王子夫妻の商標登録出願に第三者が異議申立の可能性

(写真:ロイター/アフロ)

先日書いた記事で、ヘンリー王子夫妻(の関連団体)による英国知的財産庁に対する”SUSSEX ROYAL”(サセックス公)の商標登録出願が(多くの報道内容とは異なり)まだ異議申立期間中であると書きました。

その記事で異議申立期間は2カ月間と書きましたが、正確に言えば請求によりさらに1カ月の延長が可能です。商標専門メディアWTR(World Trademark Review)の報道によれば、1月21日にその延長請求が行なわれたそうです(英国知的財産庁のサイトで履歴を確認しましたが確かに行なわれていました)。これにより、異議申立期間は3月20日まで延長となります。WTRによれば(庁の記録を閲覧したのだと思いますが)出願人は英国に勤務経験のあるオーストラリアの医師(個人)だそうです。なお、延長請求自体はウェブから無料でできます。

今後、実際に異議申立が請求されるかはわかりませんし、異議申立が認められるかどうかもわかりません(英国王室の意思次第です)。しかし、もし異議申立が請求されると結論までには1年くらいを要しますので、それまで登録は行なわれないことになります。やはりこの商標登録をよしとしない人はいるのだなあという印象です。また、今後、別の人から請求が行なわれる可能性はあります。

なお、前述のとおり、異議申立が認められるかは英国王室の(実質、エリザベス女王)の意思次第ということになりますが、仮に英国王室が”SUSSEX ROYAL”の商標登録を許さないというポジションになったならば、ヘンリー王子夫妻に対して出願または登録の放棄を要求すれば済む話なので、異議申立期間がいつ終了するかどうかは実はあまり関係ない話であります。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。